アトリエ青 Atelier Blue

星つりじいさんの日々の暮らしをお届けしています

ワークショップ・教室

サプライズだよ!

今年F1腹話術グランプリでグランプリを獲得してからテレビやイベント出演が絶えず、忙しく活躍している腹話術パフォーマー ニッシャン堂が特別に来てくれる事になりました❗️ こどもアトリエ青Sunday クリスマス・スペシャル最終告知‍ ◆12月11日(日) 明日都…

スイッチON

コラボワークショップこどもアトリエ青Sundayの先日11/27をプチムービーにしました。https://youtu.be/L57zjRHZJxs 講師陣は参加者皆さんに迷惑な事、危ない事は注意しますが、原則的に一切「ああしろ、こうしろ。」と言いませんし、威圧しません。 大前提…

こどもアトリエ青Sunday 11月27日

昨日のシオミ師匠のマジック教室発表会から帰宅しました(本件については前後しますが、後日報告します)。今朝は早起きしてこどもアトリエ青Sundayでした。 講座の前に個人的にストレッチヨガを受けて身体がほぐれました。身体の歪みが治ってお腹も凹むなど、…

世界の風景を描く 2023年

京都新聞文化センターさんお計らいで2022年4月から開講している「世界の風景を描く」の来年のスケジュールが出ましたのでご案内します。 2023年 1月13・27日 2月10日・24日 3月10日・24日 ※ 原則的に第2・4金曜日です。 透明水彩独自の表現で好き…

レシピ

レシピといえば、先ず思い浮かぶのは料理のそれでしょうね。 水彩画教室をしていると私の作画技法や工程を開示して欲しいというリクエストがあるように、絵にも確かにレシピは存在します。 レシピは翻訳すると秘訣・秘伝となります。私のはいくらでもレクチ…

万華鏡の中で

託児サポートボランティアで交流しているFちゃんと万華鏡作りをしました。 こどもアトリエ青Sundayで好評だったネタですが、その日Fちゃんは他の用事で参加出来なかったのです。 何としてもしてあげたい思いが強かったので、念願叶いました。 先ずは箱の展…

水彩画・イラスト教室スケジュール

アトリエ青 水彩画・イラスト教室 地域の皆様のお蔭で2014年から8年以上に渡り、ご好評を頂いております。これまで一日体験の方やワークショップイベント、受講生を合わせて300名近い方々とのご縁がありました。只今、教室受講生は12〜13名です…

わくわくドキドキ&うっとり

秋も深まりつつあって、私が住んでいる滋賀県高島市のマキノのメタセコヤロードが物凄い車の縦列で混雑しています。 それを電車の車窓から眺めながら逆方向に今日もこどもと遊びました。最近面白くて何度もやっている飛び出すアート。 M姉弟は今日がこのネ…

こどものハートも飛び出した

今年で3年目となる大津市市民活動センターさん秋の恒例子供イベント秋ほくほく2022が盛況の内に終わりました。 ボランティア講師に専念するため、他のブースを見る余裕が全くありませんでしたが、担当した「水彩画教室 飛び出すメッセージカードを作ろ…

飛び出すツリー

今日の大津オルタナティブスクール トライアンフでは「飛び出すクリスマスツリー」ワークショップをしました。 Mさんはいつものやわらかい色調で。私はどうしても好きな色。そして夜になってしまいます。 完成したのがこちら。ツリーの飾りは控えめですが、…

ハロウィンSunday

今日のこどもアトリエ青Sundayはハロウィンコスチュームで来てもらって、お菓子プレゼント付きの「ABCレッスン-歌と絵本で楽しく英語-」でした。 ズラッと並んで記念写真。可愛いですね〜 ユミコ先生のきめ細やかな対応で、子供はずっと集中して目が輝い…

満席になりそう

すっかり秋めいた空気になって肌寒いです。小さいお子さんは何を着せようか迷う時期ですね! 10月30日開催の大津市市民活動センターの恒例イベント体験する秋「秋ほくほく2022」で、こどもアトリエ青は「飛び出すメッセージカードを作ろう」を午前午…

欠点の魅力

前回、作画工程をアップした母親の作品が仕上がりました。室内灯と屋外灯、それと日の暮れの間(あわい)の蒼白い空気感を同居させる。 その中に色とりどりの花と植物。建築の意匠や重厚感を盛り込むとなると、風景画としての難易度はほぼMAXに近くなります…

台風でも開講予定

次の作画途中の透明水彩は私の絵ではなく、母親に指導している作品を段階的に表示したものです。83歳で非常に耳も遠く、物覚え、洞察力が著しく低下しています。 また元々反射神経が慣れないことに着手する際に、際立って低下する癖があります。 以前一旦…

こどもアトリエ青Sunday予定

こどもアトリエ青Sundayは、子供の幼少時特有の潜在的な身体能力や脳の柔軟性を楽しく引き出すこと、アートを通じて感性豊かな精神育成を目的として各分野専門の講師陣が有償ボランティアとして活動しているコラボワークショップグループです。 代表は画家で…

Sundayお知らせ

夜は冷やっとするかと思えば、まだまだ暑い日が続きます。体調管理に気を使う季節の変わり目ですね。 こういうありがちな文頭で始めたくないのですが、お蔭様で「魔法なピアザのMAGIC展」搬入作業ですっかり、数日苦しんでいたうつ状態から抜けました。…

秋ほくほく2022チラシ

先日もご案内した「体験する秋 秋ほくほく」2022年版の公式チラシが出来ました。 2022年10月30日(日)1日限りのイベントです。 ご覧のように色んなワークショップがたくさん集まりますので、私のワークショップに関わらず、お子さんが受けてみた…

こどもアトリエ青Sunday8月

公立の小中高は新学期が始動したらしく、少し秋めいた空気になった日曜日のこどもアトリエ青Sundayを開催しました。 「童謡リトミック」▶︎「リトミックバレエ」に改名したホリユキエ先生のワークショップは2人の仲良し女児が参加してくれたので ちょっとか…

SDGs絵画教室 最終回告知

キッズ夏休みSDGs絵画教室① https://yasunariart.hatenablog.com/entry/2022/08/01/015350 でご報告した講座の最終回の告知です。 先の記事を見て「やりたいな〜!」「気になるな〜」という小学3年生〜中学生諸君、学校では教えてくれない自由な表現を楽し…

「夏休みこどもアート」未知数

今日は春からお話を頂いて、京都新聞文化センターさんに企画して頂いた「夏休みこどもアート」を開催しました。5人の小学生が参加して、2時間夢中でやってくれました。筆で描かない。下描きは一切しない。毎度のことをここでもやってもらいました。 先ずは…

京都での夏休みこどもアート

5月に告知しました京都での一回やり切りワークショップ「夏休みこどもアート」https://yasunariart.hatenablog.com/entry/2022/05/07/210049 開講日が8月11日(木)と目前に迫って来ましたので、改めてご案内します。 現在のところお申し込み人数が少ない…

キッズ夏休みSDGs絵画教室 ①

今日も猛暑、それに子供にもコロナの陽性増加傾向の中、大津市市民活動センターさん主催のキッズ夏休みSDGs絵画教室は開講されました。 今年はSDGs絵画コンクールへの出展が本ワークショップ参加の必須条件になり、年齢も小3以上中学生と変わりました。なの…

「キッズ夏休みSDGs絵画教室」詳細

今年で3年目になる「石田秦也先生のキッズ夏休みSDGs絵画教室」(要予約)のサイトがやっと出来た様です。 コンクール応募についての詳細や注意事項などすべて記載されておりますので、参加をご検討の方はご参考までご覧下さい。 http://movementotsu.com/SDG…

夏休みSDGs絵画教室

「アトリエ青水彩画・イラスト教室」「こどもアトリエ青Sunday」などのワークショップ活動拠点として日頃からお世話になっている大津市市民活動センターさん。 今年も当センター主催のイベント「夏休みSDGs絵画教室」の講師をボランティアで担当致します。 …

画家石田泰也の透明水彩一日体験

大津市の広報誌「広報おおつ7月1日号」のいべんと伝言板をご覧になって、私の名前で検索された方に向けてお伝えします。 ◇「画家石田泰也の透明水彩一日体験」 ◇ 日時 : 2022年7月19日(火) 10:00〜11:45 ◇ 会場 : 明日都浜大津一階の大津…

ひと夏の経験

暑くなって来ると山口百恵の15歳の時のシングル「ひと夏の経験」という懐かしい曲を思わず口ずさみたくなりませんか? あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ小さな胸の奥にしまった大切なものをあげるわ愛する人に 捧げるため守ってきたのよ汚れても…

京都でワークショップ

まだ先の話ですが、2022年8月11日(祝)に京都新聞文化センターさん主催で「夏休みこどもアート」を開催します。今日はそのチラシデザインが上がりましたので、取り急ぎご案内致します。 このワークショップは一日だけの夏休み特別企画です。 好評であ…

水彩画が出来るまで-母の場合⑤-

すっかり透明水彩の虜になった母親とは、私が日中自宅にいる時はほぼ一日2.3時間一緒に絵を描くのが習慣化して来ました。 とにかく明るい絵、憧れる庭やカフェなど嗜好が明確な母。しかし、明るい絵だからこそ影に透明水彩の妙味が潜んでいる事を力説して…

水彩画が出来るまで-母親の場合④-

息子から特訓を受けながら、母親が透明水彩を描くシリーズ? その④。先に今日完成した額装作品からご覧下さい。 元々京都で暮らしていた母親は、ハイカラな場所が好きなのですが、30年近く住む近江今津はハイカラの欠片もなく、田んぼの畦でカエルが夜通し…

新講座「世界の風景を描く」初日

京都新聞文化センターの新講座「世界の風景を描く」がお蔭様で、ようやく初日を迎えました。 昨年から本講座のご相談を頂いて、長い時間を掛けて紙面広告などを丁寧に打って下さったお蔭で、この日を迎えられました。何人もの方が広告をご覧になり、その中に…