アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

想う

もののあわれ」という死生観が日本ではひとつの美学として古来から存在します。人物を描く場合に、特に観念は大きく絵に出ると思います。

自分の人物スケッチを見ていて思うのは「一瞬の中に永遠があり、永遠に時間はない。」というものを感じます。


f:id:IshidayasunariART:20220402145212j:image

f:id:IshidayasunariART:20220402145215j:image

これは、言い換えれば「特別な瞬間よりも、むしろ何でもない瞬間に人間の本質が潜んでいる。」となり、昨日の肯定する風景の話と同じく、何でもない瞬間を一番肯定しようとして描いていると思います。

輝ける一瞬や、記念すべき時は頑なに遠ざけた視線を人物に送る。それこそが特別であり、奇跡の様な瞬間だという認識です。


f:id:IshidayasunariART:20220402145247j:image

f:id:IshidayasunariART:20220402145243j:image

だから、自分が描いた人物は「もののあわれ」という死生観に似て非なるものだと考えます。

想う」という肯定的な感情がそうさせているのではないか。それがなければ、人物は絵にしたところでただの物質に過ぎなくなる気がします。


f:id:IshidayasunariART:20220402145347j:image

f:id:IshidayasunariART:20220402145345j:image