アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

生涯記憶に残る日

コラボワークショップこどもアトリエ青Sundayの出張ワークショップ「英語遊び(ABCレッスン)」「リトミックバレエ」をピアザ淡海の大きなロビーで開催しました。


f:id:IshidayasunariART:20220807185344j:image

f:id:IshidayasunariART:20220807185347j:image

普段は受付など雑務を率先して受け持つのですが、申し訳ない事に「星つりじいさん」本番前という事で、気持ち的にも一杯一杯の私。

写真を時々撮るだけで精一杯となりました😅


f:id:IshidayasunariART:20220807185246j:image

f:id:IshidayasunariART:20220807185249j:image

 

石田ガク伯という演者や唄う時の名前で風船売りを自作自演。石田泰也は作者名として、一歩引いた立ち位置の目線を保持しつつ、楽しんで演じました。

予想外のハプニングだらけでしたが、100名近いお客様がこの時期にも関わらず鑑賞して下さって、有り難い気持ちで一杯になりました。


f:id:IshidayasunariART:20220807185529j:image

f:id:IshidayasunariART:20220807185526j:image


全員が友情出演。バットマンならぬバッタマン(😂)も通りすがりでマジックを披露。これはぶっつけ本番で仕込んだ遊びですが、一番いい間で掛け合いが出来た気がします。


f:id:IshidayasunariART:20220807185655j:image

f:id:IshidayasunariART:20220807185652j:image

物語のしっかりした骨格が一本通っていれば、破綻しても元のレールに戻せる事へも挑戦しました。

丁寧に伏線を貼りながらも、何の脈略もないシーンや一コマを入れる。それが人生に似ているからです。こういった演出はフェデリコ・フェリーニオタール・イオセリアーニ監督などへのオマージュであり、また学んだ手法です。


f:id:IshidayasunariART:20220807185738j:image

f:id:IshidayasunariART:20220807185741j:image

ピアザ淡海滋賀県立県民交流センターのスタッフの方々にはわがまま言い放題で、マジシャン シ・オ・ミ師匠の十八番(おはこ)である、べしゃり(おしゃべり)マジックを封印するなど、通常は怒られて当たり前のことをズケズケと要望させて頂きました。

舞台美術制作に関わった子供たちも皆さんに拍手で迎えられて、キョトンとした顔をしていました。

f:id:IshidayasunariART:20220807185813j:image

でも、10年経ってもきっと今日のこの時間は私と共有して心の隅に置いていてくれる事でしょう。

その中から、将来の画家が誕生する希望を持てる事は私の喜びです。今回は講師とのコラボ、マジシャン、ミュージシャンとのコラボ、そして子供とのコラボが出来た事で、生涯記憶に残る日になりました。

ただひたすら「ありがとう」。何度繰り返しても言い足りない1日でした。暑い中お越し頂いた方々にもこの場をお借りして、心から御礼申し上げます。


f:id:IshidayasunariART:20220807192925j:image

f:id:IshidayasunariART:20220807192900j:image