アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

魔法なピアザのMAGIC展

「石田泰也絵本原画展」&「こどもアトリエ青作品展」そして「星つりじいさん」公演をこどもアトリエ青とW主催名義を頂き、色々な面でバックアップ頂いたピアザ淡海滋賀県立県民交流センターさん。

今では毎年のように数々の企画でお世話になっていますが、最初に私が関わったのは2015年の夏でした。あれから7年、その時の資料写真が出て来ました。


f:id:IshidayasunariART:20220810170134j:image

f:id:IshidayasunariART:20220810170131j:image

ミュージシャンでもあるシ・オ・ミ 師匠の恒例企画「黄昏コンサート−懐かしのフォークソング−」のステージ横に私のミニ個展コーナーを設けて頂きました。

そして、トークショー。この頃はお客さんの前では全く冗談を言わずに真面目な芸術論を一方的に語っていた様に思います。

でも、この時初対面だった遠藤勉先生やサニーサイド・オブ・ライフGENさんに「星つりじいさん」音響効果や出演を頼んだのだと思うと、感慨深いです。


f:id:IshidayasunariART:20220810170153j:image

f:id:IshidayasunariART:20220810170156j:image

この7年の間の数十回、皆さんと時間を共有したり、唄わせてもらえる様に自然となって行ったのでした。そういう心地良い場を「星つりじいさん」でも描きました。

子供にはよくわからなくても、自分達より50歳や60歳以上も歳上の大人達の「生き様」ではなく「生きる歓び」を肌で感じてもらいたいからです。「何故あんなに楽しそうなんだろう。なんか良いな。」そういう風に見えたとしたら嬉しいです。

私はこの時点では、まだこどもアトリエ青を立ち上げていませんでした。一年ほど某子供教室の雇われ講師をしていましたが、色々思うところがあって自分の道を模索していました。

この年の秋のセルビア行きが更に大きな契機になり、講師を辞めて自らのポリシーに沿った形でこどもアトリエ青立ち上げに繋がりました。後で振り返ると人との出会いの積み重ねが、必ず大きく影響しています。

 

前置きが長くなりましたが、9月は「魔法なピアザのMAGIC展」なる企画がやって来ます。

f:id:IshidayasunariART:20220810163430j:image

この記事でさらっと書きました。https://yasunariart.hatenablog.com/entry/2022/06/08/122328

このチラシのマジッククリエイターは「星つりじいさん」にも出ていたあの方と同一人物です🥸 一応、秘密なので少し隠しています😆


f:id:IshidayasunariART:20220810171138j:image

f:id:IshidayasunariART:20220810171141j:image

f:id:IshidayasunariART:20220810171144j:image

先日、「生のマジックが見られた事が嬉しかった。」という声が多く寄せられましたが、また見せてもらえますよ。

マジックに興味を持ったお子さんは、是非お楽しみに❣️