アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

MINI AKT vol.7と8の話


f:id:IshidayasunariART:20220116194435j:image

f:id:IshidayasunariART:20220116194438j:image

 

1ヶ月前にセルビアのゼムンで開催した、裸体をテーマにした国際交流展の日本巡回展示予定が決まりました。

「MINI  AKT vol.7 in JAPAN」2022年12月4(土)〜10(土) 例年通り協賛頂いている大阪・天王寺のNano Galleryにて

今年に入ってセルビアのコロナ感染者数は過去最高となり、総人口が700万人未満でありながら連日1万人を突破しています。期待していた今年のセルビアへの渡航は、まず不可能でしょう。でも交流展は継続したいとお互いに強い意志で繋がっています。

只今「MINI AKT vol.8」のエントリー作品を公募しています。改めてご案内します。下のコラージュはここ3年のセルビアでの展示会をレイアウトしています。それと日本の会場Nano Galleryも!


f:id:IshidayasunariART:20220116193715j:image

詳細は以前上げた記事を参照下さい。https://yasunariart.hatenablog.com/entry/2021/11/25/003158

去年はコロナ禍の影響により国際小包の受け入れを拒否したり、航空便を利用するにしても便自体の本数が減少している関係で、到着までの期間が予測不能だったりしました。日本はオリンピックで感染者数が増大した頃、逆にセルビアは一番減少しました。そのタイミングで私の教室の入選作品を送りました。

国際芸術交流協会シロカスターザ発信の英語のエントリーシートを読んで、個人でエントリーをされている日本人作家さんや、日本国籍であっても海外在住の方はいらっしゃいます。エントリー自体はメールやFacebookメッセンジャーで画像を送れば済むので簡単ですが、入選した場合に原画を送らねばなりません。

ここでエントリーには興味があるけれど、費用や手続きが面倒に感じたり不安になって二の足を踏まれる方も、たくさんいらっしゃると思います。その際には、最初のエントリー時点から日本窓口である私にご相談下さい。その後の国際小包の安全な送付方法やリスク回避、かかる費用も全て無料で代行致します。

出品手数料は取りませんので、私宛のレターパックゆうパックの数百円の国内送料のみをご負担頂くだけです。悩まれている方は一度ご検討下さい。