アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

ドはドローイングのド ⑦

今日は溜まっていた用事を午前中に段取りよく済ますことが出来ました。昼に居酒屋ならではのランチタイムメニュー、海鮮丼を注文したら30分も待ちました。日本ではなかなかの時間ですが、ビジネスマンとは違い私はずっと休み時間のような生活なので、この時が逆に心地よく流れたのです。若い頃行ったインドのベナレスでは2時間待った事もあります(笑)  ゆっくり食べ終えても午後に約束していたシ・オ・ミ師匠の動画撮影まで小一時間程あるので、ドはドローイングのド 今年7枚目と洒落込みました。

f:id:IshidayasunariART:20190628221046j:image

コンビニでも必ず売ってるような黒のサインペンで、F2サイズの水彩紙に落書きテイストで描きました。イラストレーターはサイズ違いのロットペンを使い分ける傾向があります。しかし、こういったモチーフの場合は巧みさ器用さなど、込み入った手業を残すとその事に関心が引き寄せられます。それよりも一介の絵描きのハートや、ただただ描くのを楽しんだ事を伝えるには、このポテっとした太さが合うのです。

そしてここが肝心ですが、一本のペンで描く方が技術的には難しいのです。それも楽しんでしまい、軽く見せると本物が表れて来ます。毎回それを見たい一心で描いています。では明日は教室なので寝るとします。