アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

希望

お蔭様で福祉の仕事の転職が正式に決まりました。3年半に渡って従事した青少年の援助員を務めた自立援助ホームは今月一杯で終え、今度は知的・精神障害の方の生活支援員としてグループホームショートステイの事業所を掛け持ちします。今月は既存の職場と2箇所の勤務や実習をこなすことで精一杯となり、絵はほとんど描いていません。

これらの仕事は福祉業界として一括りには出来ますが、自立援助ホームは15歳から二十歳未満の非行や自閉症発達障害歴を抱えた未成年者の共同生活の場です。就労・通学に支障を来たし、もがき苦しむ彼らに共通しているのは、幼少時の愛情不足や、劣悪な家庭環境。間違った躾の名のもとに行われた虐待・ネグレクト(育児放棄)。それらに多大なる悪影響を受けて形成されていました。大人不信になった彼らに寄り添うところからがスタートとは言え、半年や一年は心を開いてもらえないのが通例で、教育的指導でねじ伏せたり、こちらの都合で急いで型にはめようとすると、その反動で二次被害を呼び起こすばかりです。目から鱗接触術をたくさん先輩に教えてもらい、井戸を除く様に向き合ってスタッフ全員が精神疾患を患いながらやって来ました。

転職先は、利用者の年齢が幅広く成年の占める割合が一気に高まります。これからまだまだ学び、関わり方を模索して行くことになります。それについては非常に好奇心が煽られていますし、実習していて感じるのは、こちらから力や援助などを与える仕事のようでいて、実は思いを交感するということです。一方的に支えるというのはおこがましく、色々な気付き、人間の価値などを学んでいます。例えば役に立たない人間が福祉予算で守られている事を批判する人がいますが、実は存在そのものが役に立っているというのはすごい気付きでした。このニュアンスを伝えることがまだ出来ないのですが、端的に言うと希望です。それが転職に踏み切る最大の理由であり、私なりの未知数のアートの可能性をも感じたのです。

f:id:IshidayasunariART:20190827133126j:image

※画像と本文は関係ないようであるかもです。

 

最後にクリスチャンである私から下記聖書の抜粋で今日の投稿を締めたいと思います。

コリント第一 13章

「たとえ​私​が​人間​や​天使​の​さまざま​な​言語​を​話し​て​も,愛​が​なけれ​ば,うる​さく​鳴る​どら​や,やかましく​響く​シンバル​の​よう​です。 たとえ​私​が​預言​する​能力​を​持ち,全て​の​神聖​な​秘密​と​全て​の​知識​を​理解​し​て​い​て​も,また,たとえ​山​を​動かす​ほど​の​強い​信仰​を​持っ​て​い​て​も,愛​が​なけれ​ば​無​価値​です。たとえ​私​が​持ち物​を​全て​差し出し​て​ほか​の​人​が​食物​を​得​られる​よう​に​し​て​も,また,たとえ​体​を​なげうっ​て​自分​を​誇れる​よう​に​し​て​も,愛​が​なけれ​ば​何​も​得​られ​ませ​ん。 愛​は​辛抱強く,親切​です。愛​は​嫉妬​し​ませ​ん。愛​は​自慢​せ​ず,思い上がら​ず,下品​な​振る舞い​を​せ​ず,自分​の​こと​ばかり​考え​ず,いら立ち​ませ​ん。愛​は​傷つけ​られ​て​も​根​に​持ち​ませ​ん。愛​は​不正​を​喜ば​ない​で,真実​を​喜び​ます。 愛​は​全て​の​こと​に​耐え,全て​の​こと​を​信じ,全て​の​こと​を​希望​し,全て​の​こと​を​忍耐​し​ます。 愛​は決して​絶え​ませ​ん。一方,預言​する​能力​が​あっ​て​も,それ​は​除き去ら​れ​ます。さまざま​な​言語​が​あっ​て​も,それ​は​なくなり​ます。知識​が​あっ​て​も,それ​は​除き去ら​れ​ます。 私たち​は​部分​的​な​知識​しか​持っ​て​おら​ず,部分​的​な​こと​しか​預言​し​て​い​ませ​ん。 完全​な​もの​が​来る​と,部分​的​な​もの​は​除き去ら​れ​ます。 私​は​子供​だっ​た​時,子供​の​話し方​を​し,子供​の​考え方​を​し,子供​の​捉え方​を​し​て​い​まし​た。しかし,大人​に​なっ​た​今,子供​の​特徴​を​捨て去り​まし​た。 現在​私たち​は​金属​の​鏡​で​ぼんやり​し​た​輪郭​を​見​て​い​ます​が,やがて​顔​と​顔​を​合わせる​か​の​よう​に​はっきり​見​ます。現在​私​は​部分​的​な​こと​しか​知り​ませ​ん​が,やがて​正確​に​知り​ます。ちょうど​私​が​正確​に​知ら​れ​て​いる​よう​に​です。 いずれ​に​し​て​も,信仰,希望,愛,この​3​つ​は​残り​ます。その​うち​最も​優れ​て​いる​の​は​愛​です。」