読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ア ト リ エ 青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

イラストにエッセイを添えて

 

今日は尊敬するマジシャン、シオミ師匠のマジック生活45周年記念パーティーにお邪魔しました。

 

まだお付き合いして2年程度しか経っていませんが、ただの絵描きでは出入り不可能な舞台やイベントに多数出演させて頂き、その都度とても貴重な勉強をさせて頂いています。

 

そんな師匠はドラマーという一面をもっておられ、今日は私も師匠のユニットでヴォーカルとして一曲唄わせて頂きました。

その際に頼まれたエッセイを読み上げ、今日の昼に描いたイラストを贈りました。

イラストはサプライズですが、喜んで頂いて何よりです。

 
エッセイ『大人の放課後』

今年に入ってからこのメンバーが集まって音楽を楽しんでいます。

練習スタジオに入るとそこは学生時代に友達と過ごした放課後の教室に変わります。

友達と屈託無く笑い一緒に過ごしたあの頃。。。

それは今の私達が大人の放課後と呼んで楽しむノスタルジックな刻です。

音楽は気持ちを一つにする素晴らしいアートです。

一人より2人、2人より3人。。。ひとりひとり増えていく様は、川が合流して海原へと続く流れに身を任せるような心地よさがあります。

 

f:id:IshidayasunariART:20170330175237j:image

 

練習の後の雑談は、芸やアートの話題で尽きず、笑いが絶えません!

今週は、大いなる気づきがありました。アートは祈りだいう事です。

祈りという言葉のイメージは様々なものを連想しますが、感謝 を意味します。

アーティストは創造力や表現・技術の長けた人種と思われがちです。

個性的な表現を確立して唯一無二の存在を目指そうと躍起になる。

でも、そうやって生きていると、たまたま孤立してしまう事もあります。

そんな不幸があってはなりません。

それでも私の様な絵描きは、それは致し方がない事だと長年考えて生きて来ました。

ところがシオミさんと過ごしていると、それは間違いだと考える様になりました。

アートの本当の価値は、そのものではなく、それを通じた人と人の中に芽生える想いだと。。。

シオミさんから頂いたこの大きな教えに感謝してこれからも活動して行きます。

 

 

f:id:IshidayasunariART:20170330195330j:image

左がシオミ師匠、右がギターGENさん

 

f:id:IshidayasunariART:20170330213237j:image

珍しく即興でブルースを唄う師匠。ハーモニカを舐める!