アトリエ青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

心を育てる集いに出演しました。

 

今日は童話創作マジック「ブレーメンの音楽隊」に画家として出演しました。これまで色々な場所でマジシャン シ・オ・ミ 師匠と ミュージシャン遠藤勉先生のユニットで演じて来た舞台。今回は一枚の原画を舞台に立てて、少し挨拶だけする筈でした。ところがこれが、驚くべき展開に!

f:id:IshidayasunariART:20171210193807j:image

3年前の作品「風に吹かれても」

 

お招き頂いたのは、滋賀県守山市の小津会館で開催された「心を育てる集い」という福祉イベント。

f:id:IshidayasunariART:20171210193457j:image

※童話創作奇術が、技術になっています😅

 

事前に聞いていたのは童話創作マジック全て込みで、30分という枠でしたが、舞台袖で控えている時にチラシを見ると60分になっている事が判明しました。

シ・オ・ミ 師匠がさらりと「あれ一時間になってるなぁ、そしたら7分くらいトークしましょう。」と仰いました。私はトークなら1時間くらいは平気で出来るので、内心短いなと思いながら「はい、わかりました。」と2つ返事で承諾しました。ところが、私の出番になって、紹介され舞台に出るや、シ・オ・ミ 師匠がサッと舞台袖に下がられたのです。

f:id:IshidayasunariART:20171210195151j:image

思わず「えっ、一人で喋るんですか?」と動揺する私にニヤッと笑って目で返事が返って来ました。

 

これが師匠流の修行なんです😂  一人で7分。しかも打ち合わせなし!というと結構長い。でも会場にいる100名以上のお客さんはジッと私を見ています。もう喋るしかありません。

考える間もなく口から先に出た事を話して、お客さんの顔を見回しながら、反応を見て、あとは即興でどんどん話しました。きっと7分30秒くらいは話したと思います。

 

話の概要は、何をポリシーにしてセルビアと交流を続けているのか、セルビアと日本の子供達との交流をアートをツールにする上で、こだわっているのは何か、子供と接してこれまでに鳥肌が立つ程に感動したエピソードを数点、子供が自然に自立するまでの親子の関わり方について、などなど。

我ながらよくまあ話せるものだなぁと、呆れました。

 

この後は舞台上に「風に吹かれても」だけを残して私は引っ込み、師匠と遠藤先生の舞台となりました。

f:id:IshidayasunariART:20171210201426j:image

 

全ての舞台が終わって、今日もいい勉強をさせてもらえてありがたかったな〜と思うと同時に、次回は30分もらえたらもっと意義のある話が出来そう!

まあ、こんな風にして動じない様になるのが修行の意義ですね(笑)

 

f:id:IshidayasunariART:20171212002648j:image

守山市マスコットキャラのもりぴーと

 

 

♯シ・オ・ミの童話創作マジック ♯画家のトーク

どっちが好きか?

f:id:IshidayasunariART:20171209221756j:image 

f:id:IshidayasunariART:20171209222020j:image

以前ベオグラード滞在中に描いた絵このが気に入らず、描き直しました。

f:id:IshidayasunariART:20171209221624j:image

坂の下の交差点に建つ一軒家のパースを緩やかにし、画面左の樹木の面積を増やし、道路標識など情報を削ると良くなりました。樹木を増やした分、家の顔を右にずらせたのですが、ど真ん中より落ち着きますね〜🧐

 

タイトルの「どっちが好きか?」は、この2枚の比較ではなく、次の絵に掛けてます。

f:id:IshidayasunariART:20171210110219j:image

これは友人達と村を散歩した時に撮った光景です。モチーフとしてはかなり難易度が高いです。全体に波打つ様に起伏があって、向こうに二軒の家の屋根が見える。それを西陽で浮かび上がる様に描こうとしました。3人の友人がそれぞれ視線をバラバラにして佇んでいるところなど、盛り沢山だけに気を取られて敗北しました。

悪い点は、影のコントラストが強すぎる事、遠近感がありすぎる事、人物がうるさい事。などが挙げられます。中でも一番致命的なのは電柱が右に傾いている事です。

打ち込んだ数本の杭が左にお辞儀しているため、空間を圧迫します。これは電柱を同じく左に傾ければ解決出来るのですが、疲れが出たのか、気付いた時は時すでに遅し。

このために奥にもう一本の電柱を描き足しました😅   これで解決かと思いきや、杭や電柱の本数が僅かに多過ぎて駄目です。

このタイプの絵を「凄いですね〜」と褒めて下さる方が多いのですが、私は1枚目が好きですね!

一生こういう事を繰り返す覚悟を楽しんでます〜

 

 

 

セルビア水彩画  ♯セルビアを描く画家