アトリエ青 Art Studio Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

シ・オ・ミ ワールド

シ・オ・ミ 師匠からご依頼を受けた肖像画を描きました。お題は若い頃にお世話になられたマジシャン故・村上天洋師匠。語られた思い出からはひょうきんでトボけた先生だった事が偲ばれるのですが、写真や資料が手元にないということで、唯一参考に出来たのが昔のVHSビデオから起こした写真でした。しかし、とても画素が荒い上、想像以上に強面! どう切り取るか迷いました。

f:id:IshidayasunariART:20190318152114j:image

1枚目(画面奥)はペンと透明水彩でいつもの感じで描きました。西欧人のようになってしまいました😅   そこで、開き直って100円ショップのオイルクレヨンを使って強面をそのまま描きました。VHSの荒さをそのまま残して描くとこの様になるんですね!

f:id:IshidayasunariART:20190318152157j:image

翌日のシ・オ・ミ 師匠のマジック会では、これを舞台袖に置いて2時間に及ぶ シ・オ・ミ ワールドが展開され、弟子、孫弟子、ひ孫弟子や門下生がアクトを披露して村上天洋師匠に捧げたのでした。

f:id:IshidayasunariART:20190318152212j:image

中程で私もちゃっかり出番を用意して頂き「出発(たびだち)の歌」の上條恒彦のものまね下條恒彦で登場!  

f:id:IshidayasunariART:20190318152610j:image

歌に合わせて駄洒落マジックを師匠が披露して、さらに小梅太夫に扮したニッシャン堂まで登場し、舞台はカオス状態になりました。

f:id:IshidayasunariART:20190318153546j:image

ほとんどのお客さんと私自身も何が何やらわからない掴み所がない舞台でしたが、これはまさにフェリー二の世界観です。フェリー二についてピンとこない方は映画「フェリー二のローマ」「フェリー二のアマルコルド」あたりを買ってご覧下さい。

f:id:IshidayasunariART:20190318185528j:image

f:id:IshidayasunariART:20190318185533j:image

写真2枚とも「フェリー二のローマ」より

観る気が起こらない方には、一見くだらないけれど、意識しない繋がり関係性。その反対にある単体での不完全さと滑稽さの双方を肯定する作業だと、解釈して頂ければ良いかと思います。

f:id:IshidayasunariART:20190318153552j:image

ダンシングケーンをレクチャーするシ・オ・ミ師匠

現代日本でフェリー二が体現出来るというのは、シ・オ・ミ 師匠ならではの力量であり、実に凄い事です。私はシ・オ・ミ ワールドで端役を演じる有り難さをひしひしと感じるのですが、常時内輪受けだとか、狭い世界だという批判が付きまといます。それに対してシ・オ・ミ師匠は、反論しないというのも良いのです。

宙吊りの課題

一昨日、水彩画教室中に人が途切れた間に描いた一枚です。車、街路、家屋、樹葉、空などの主要モチーフはもう何度も何度も描いているので、どう描くかはわかっているのです。でも、それでは事物を描いているに過ぎず、ここにしかない光、空気、時間、気配、動き。それらをよりベターに組み上げることが出来るかがテーマです。しかし、そこが宙吊りのまま着地しない事も頻繁にあります。

f:id:IshidayasunariART:20190314225318j:image

この絵も着地点がわからないまま筆を置きました。空に色を入れ過ぎた時点で「ああしまった 。。。」と思いましたが、それでも描き切るのが大事です。私はあまり軌道修正して平均点的な絵を描くより、全体としては駄目でも、いい所が少しでもあれば、良かったと考えるようにしています。この絵の場合はボルドーカラーの車と右下の植え込みの対比がいい感じです。

イエローが基調になるどころか、全てを破壊する要因になってしまった事は理解しています。しかし、どうすればベターだったのかが未だにわかりません。この宙吊り課題が多ければ多いほど、次が楽しみですね☺️