アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

ミュージック・バラエティー・ショー出演

今年は絵を3枚しか描いていませんが、歌は割と定期的に唄っています。

絵はプロですが、歌はアマチュアとしてはっきり区別していましたが、最近はどうでもよくなって来たというか、区別する事に意味がないと思うようになりました。絵もそうですが歌も上手い下手ではないし、プロよりアマチュアが劣っている訳では決してありません。あるのはそれらを超越し本物かそうでないかだけかと思います。

私の写真はだいぶん若い時(7年前?)で、今は禿げて来て、髭も白くなっていますが、今の自分の方が深みが出ているという解釈をしています。

f:id:IshidayasunariART:20220604222505j:image

アートへの造詣探究はこの間にすごく先に行っているので、それが歌に影響しており、唄うことが面白くて難しく、そしてアートになって来ました。もうカラオケには一生行かないでしょう。それが少しでも本物になりつつある証であれば良いのですが。

私の絵をご覧になってビビッとくる方は、生歌でも必ずビビッと来ます。絵を鑑賞する感覚でお越しいただければ幸いです。ただ、絵は好みならずっと観ていられるし、好きでなければ一瞬でスルーできるのに対し、こういったイベントはある程度時間を強要されるのが大きな違いかと思います。

なのでお忙しい方は無理にお越しにならない方が良いかと思います。こう書くと宣伝の邪魔になりますが、その忍耐の中で本物の瞬間に必ず立ち会える事でしょう。