アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

間違い探しクイズ

2枚のよく似た絵の違う部分を探す間違い探しクイズというのがあります。

さてこの2枚は何処が違うでしょう?


f:id:IshidayasunariART:20220329055318j:image

f:id:IshidayasunariART:20220329055321j:image

f:id:IshidayasunariART:20220329055315j:image

というのは冗談です。

間違い探しは普通、形や線の数などを見つけますが、この2枚は画像の補正で色相・明度・彩度を調整しただけの事です。向かって左側が原画に近い状態ですが、これが私は嫌いです。色が強い、影が濃い、それを少し弱めたのが右ですが、だいぶん見易いですね。

去年から本物の風景画(自分の眼で見て感じた風景)以外は描かない事にしたので、これを描いたのは4年ほど前かと思います。描いた当時は、これでまあ良いかと考えていたのですが、徐々に嫌になり、今では酷い絵だと考えています。面白いと思えるのは、店の看板が空中に浮き上がって見えるところと花がモコモコしているところを一発で描いたとこでしょうか。(紙残しの効果)

水彩画教室でも、影を濃くしない方が良い、コントラストを僅差で仕掛ける工夫を目指す様に口うるさく指導していますが、この絵を反面教師にしてもらえればと思います。

画面全体の強弱は、右で十分だと思います。そして今ならもっと色のボキャブラリーも豊富に蓄えているので、更にソフトに描くでしょう。写真に捉われないようにしてみて下さい。「影は彩度を抑えれば、ある程度明度が高くても大丈夫。というか、その方が良いのです。」受講生の方は、どうか参考にされて下さい。

色相・彩度・明度についての質問は、教室で何回でも受け付けて説明します😊

https://yasunariart.hatenablog.com/entry/2022/02/17/020331