アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

ゼムンで搬入終了

セルビアの友人が、ゼムンにあるStara Kapetanija(ステラ・カペタニヤ)ギャラリーにてMINI AKT vol.7 の展示搬入を終えました。再度コロナ禍の中、仲間の尽力に対して、惜しみない賛辞を贈ります。開幕は15日の夜7時になるので、日本時間では16日の夜中3時に該当します。


f:id:IshidayasunariART:20211214230832j:image

f:id:IshidayasunariART:20211214230856j:image

出品作家であるセルビア人のエレナさんとアレキサンダーさん、そしてシロカスターザ会長のボシコ・ジュリチコビチの3人で作業をしてくれた様です。搬入は裏方であり、陰の存在ですが、なくては展示会は始まらないですし、日本では私もずっと続けています。

最初は自分の作品も展示するから手伝うのが当然だという解釈で関わっていましたが、近年は自分の作品があろうとなかろうと、心地よい使命感を感じて作業しています。


f:id:IshidayasunariART:20211214230916j:image

f:id:IshidayasunariART:20211214230919j:image

我が陽の目を見る事にだけ忠心するよりも全体に配慮する方が、画家にとって大事な行為です。これを人任せにするのは勿体ないなと思うようになりました。折角の奉仕の機会。多くの画家の支えになれる清々しい気分を彼らは共有したのです。「お疲れ様」であり、「ありがとう」であり、「いい一日だったね」という気持ちの交換が出来て、私も嬉しい日となりました。

セルビアに夜間外出禁止令が発令されていない事を願いますが、初日の様子はまた追って報告致します。