アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

掴んで消えた

公開講評をひと休みして、水彩画教室作品展に出展した自作をアップします。タイトル「月取りゲーム」2015年に一度アップした事がありますが、描いたのは更に遡り、2013年か2014年だと記憶しています。インチサイズ(A4よりひと回り小さい)程の小品ですが、気に入っておりずっと手元に残っています。

f:id:IshidayasunariART:20211021162849j:image

本作はクレヨンを重ね塗りして深紅の空を着彩したり、削って下地の黄色を出したり、画面下の建物のパースを全て歪ませるなどして、完全に現実(リアル)とは別の時空に見える様にしています。これらは全部即興で思いつくまま作画したと思います。

左右から画面に入って来る男の子は大きな作品ならば身体全体を画面に入れるのですが、端で隠れて(切れて)しまう様にする事で、空間の広がりを想像させる事ができます。月にぶら下がった女の子は手を離しても浮くのか?浮遊感・飛行感が強い男の子に比べて、多少の重力を感じる気もします。

もしかしたら手を話すとゆっくりとですが、街に下降するのでは?落下ではなく下降、それはお別れのイメージです。そんな不安というか、儚さを抱かせることで戯れて楽しいというより、掴んだと思った瞬間に目が覚めて消える夢の様な印象にしたかったのです。というのは無意識に描いた物を、後付けで自らが解説しているに過ぎませんし、私の子供時代の異性に関しての距離感とシンクロした作品である事は間違いありません。

f:id:IshidayasunariART:20211021171631j:image

小品コーナーとしてピアザ淡海にある大理石のテーブルに同居させました。このテーブルには4名の作品が乗っています。原画を是非チェックしてみて下さい。