アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

昔のイラスト

今日は、昔描いたイラストレーションをアップしますので、時間潰しにご覧下さい。

黒をバックに透明水彩を使えばステンドグラスの様になる。ポスターカラーは不透明なので、黒のバックと透明水彩の境界に引いています。

f:id:IshidayasunariART:20210816230319j:image

こうする事で、絵がマイルドになります。

 

この作品は白い水彩紙に水を塗って複数の透明水彩を滲ませてから、それを乾かして即興で黒で潰す所と残すところを判断して描きました。淡い色合いなので縁取りは不要です。
f:id:IshidayasunariART:20210816230315j:image

この絵は技法的に簡単な割に、独特の雰囲気が出るので、アマチュアの方におすすめです。即興で形を残す点だけが感覚を問われる難しい部分です。下書きを軽くしておけば良いでしょう。

 

このほっこりする空間は私自身の精神状態が一番安定した時を表しています。「見て癒される絵」というのがクライアントの希望でしたので、発注を受けてから2ヶ月くらいお待ち頂き「今日描ける!」と確信した時に一気に描きました。ランプシェードは貼っています。
f:id:IshidayasunariART:20210816230326j:image

このスタイルは、7年経った今も変わりません。