アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

破綻の味

「ペタペタ版画、今日もやる!」と、Hさんが言うので、「どうぞどうぞ」とワークショップをしました。やはりHさんは描くのと同じく、一瞬で形を切り、一瞬で3つのフォルムの位置を決めて貼り付けました。

「色は明るい感じにしたい。」と言うので、「それなら絵の具に沢山水を含ませて塗ると良いよ。」と助言。色が複雑でも薄ければ明るくなるからです。どちらにせよ、それ以外は指示を出さずに予定調和を外して行くことだけ気を配りました。

f:id:IshidayasunariART:20210122020214j:image

出来上がったのは、デザイン性も高いですが、どこかプリミティブな素朴さに溢れ、まるで3つの有機的な者達が温かい眼差しをこちらに送ってくる様な作品になりました。

左の青いフォルムは「わざとはみ出す様にしてみた。」とHさんが言うだけあって、なんとも言えない破綻の味です。シンプルだけど深いですね!