アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

描き納め

今年は本当に生活援助員の仕事とアトリエ移転で流動的な一年になりました。描いた絵が20枚に満たないというのも、数年前に200枚以上描いていた頃とは比べ物になりません。しかし、絵は枚数ではないし、その時期はそれで良かったという事です。絵と向き合わなくても全てを絵描きとしてアンテナを張っている生活には何ら違いはありません。

晦日はHさんと一枚づつ描こうということになり、私は久しぶりに人物画を選びました。

f:id:IshidayasunariART:20201231220933j:image

頭の禿げた親爺が、カフェの内と外のあわいのテーブルで珈琲タイム。

そういえば、こういう時間は殆どなかった気がします。だからこれを描いたのかも。。。

 

そしてHさんは、彼にしか描けない漢字が幾何学図形とハーモニーを奏でる世界観をさら〜っと描いたのです。

f:id:IshidayasunariART:20201231221017j:image

いつもながら即興で閃きを画面に定着させる技に感服します。これはとても私には真似の出来る芸当ではないので、敢えて遠ざかってしまう事にした方が良さそうです。奥が深くなく、単純で軽いというのは実に良い存在の在り方です。計算で出来る事ではない! そんな事を学び今年の描き納めとしました。

アトリエ青ブログは相当に偏った私個人の主観で埋め尽くされているにも関わらず、今月は1,000アクセスを超えたと、Hatena  blogから報告が来ました。良くも悪くも気に掛けて頂き、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

Hatena starを下さる方様には興味をもって頂ける事をとても嬉しく受けとめています。私は他のブログを全く読まないという無礼な輩ですが、感謝の気持ちは持っておりますので、ご承知おき下されば幸いです。