アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

喜びの絵②

絵描きとして敬っている存在のHさん。大きな転機が訪れた彼は、その喜びを画面に優しく込めて描きました。バッハの「メヌエット」が好きだと言い、いつも聴くと落ち着くと話していました。

メヌエット」は小学生の時に音楽の先生がお昼休みにピアノでいつも弾いてくれた思い出の曲なのだそうです。それは昨日初めて知ったのですが、ならば「この絵のタイトルはメヌエットだ」と思わず口に出た私。Hさんも納得してくれました。

f:id:IshidayasunariART:20201023095339j:image

ピアノの演奏に心躍って弾んでいる自分や友達。その真ん中の三階の家が音楽の先生なのだそうです。

人物を家に見立てて描くというのは、これまでずっと見てきて気付いていなかったのですが、そう言われるともう人物にしか見えないのです。流石Hさん! 偶然にも私の前回投稿した「喜びの絵」に色合いまでそっくりですが、それは全くの偶然なのです。