アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

星を釣る人

生活援助員の仕事の方で事業所を掛け持ちした為に、怒涛の夜勤4連勤😅 過去に経験したことがないハードスケジュールでした。でも、この中にしかない学びがきちんとあると信じて従事しました。

この間に小説の扉絵の仕事を納品したら、次はご依頼品のイラスト2枚の締め切りが待っています。それもなんとか今日、一枚出来上がりました。明日には二枚目に着手したいところです。

イラストのクライアントは私の命の恩人であり、10年に渡ってお世話になっている方です。「メルヘン調の水彩画で!」という事だけがご希望であり、何を描いても構わないとの事。

f:id:IshidayasunariART:20191113010112j:image

一ヶ月前に依頼を受けてから、イメージが降りて来るまで、毎日を丁寧に過ごして来ました。そうすると今日は目を瞑ると月に腰掛けて星を釣るおじいさんが閃いたので、それを一気に描き上げました。

私のメルヘン調の水彩画は文章のない絵本の様なテイストになります。前後のストーリーなども含めて見た方に色々と空想してもらえるように膨らみが出せるどうかにこだわります。

こんなたった一枚のイラストを上げるまでに一ヶ月を要しましたが、やはり全ての時間と経験が作用して出来上がったと確信するのです。