アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

人懐っこさの喪失

 

セルビア心友ゾランの工房から写真が届きました。ガラスの端材のフォルムを生かした鳥の小物です。カリカチュアされた線描の様な軽みに遊び心が溢れています。

造形的探求とか工藝だと言う自意識はなく、彼らが遊んだ過程が形になっただけという点で心が和みます。

f:id:IshidayasunariART:20180306225442j:imagef:id:IshidayasunariART:20180306230318j:image

※工房の写真は、私が昨秋ベオグラードに行った際のものです。

 

彼らと一緒に過ごしていると、人懐っこいけれど、主体性をしっかりと持っているのが愉快です。ただただ自分の意見を抑えるのが大人になる事だとすれば、アーティストは子供になるのが大切です。

日本では、ご覧の様なスマホ依存は日常的な光景です。対面的な関わりを避けたり、人懐っこさを出せない世界。私は吐きそうになります。

f:id:IshidayasunariART:20180306225452j:image

ヨーロッパでは、公衆の面前では急用でない限り携帯電話さえしません。本当に恥ずかしいです。