アトリエ青 Atelier Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

watercolor painting 水彩画・イラスト

色気・色香

それはわかるのですが、そうはしないという話。今日の教室では、今の私と受講生とでは感覚が乖離した事を再確認しました。何かというと「絵の色気」です。どんなものかはこれら自作をご覧下さい。 どれも単純に言えば、色っぽい絵です。色気や色香を持つ人間…

平衡感覚

風景画を描く時には正確なパースをはぐらかし、遠近感を助長しない様に配慮します。それはどうしてか?を一言では説明出来ませんが、本物ではなく写真で見過ぎているのも大きな要因でしょう。 そして、それを実践するには平面の絶対的な垂直と水平を掴み切っ…

密でコラボ

かんかん照りなのにマスクの夏は初めて。するとマスクは口の渇きが分かり辛くなるから熱中症のリスクが高まると。結局誰とも会わずに一人で家に居れば良いって事にしかならない!? そうは行かずに今日もコラボ。Hさんが可愛く咲かせた朝顔に、私はじょうろ…

フィットした

ネットで買った靴が朝に届きました。同じメーカーでも物によってサイズが全然違うので、ネットでの靴購入はリスクが高いですよね。交換も面倒なので、これまで没にした靴が一杯あります。その点、今回は余りにもサイズピッタリで、ノンストレス。質感も思っ…

う・た・う

秋の企画展に向けて臨んでいる半立体の作品。出来次第アップしますと言いながら悪戦苦闘!立て続けに失敗して、とてもお見せ出来る代物にならず。 新機軸を打ち出す際にやってしまう私の最大の欠点、実験にかこつけて慢心とがさつな態度が失敗を呼び込んでし…

みんなで一緒に

今日は本当に梅雨の晴れ間。10日振りに洗濯物を天日干し出来て気分スッキリ! そして先日仕上げておいたご依頼品3作目がこちらです。3枚全てをクライアントに納品して、ダブルで気分スッキリです。 この絵は知人の新築祝いに贈られるとのことなので、新…

コントロール

「コントロール」と題しましたが、作画の描写の際のコントロールより、もっと大事なものの話。 感情のコントロールで如何様にも人生の道を誤るものですが、中でも一番失敗することの多いのが怒りでしょう。 怒りのストレスは自分の健康の為にも良くないと誰…

JAZZ

5月に引っ越したばかりのアトリエ青ですが、連日の雨のせいで台所で雨漏りが発生しています。 築不詳の古民家で、おくどさんも残ったレトロな台所を増築した影響である事は素人目にも明らか。問題は雨漏りに留まらず、小さな蟻が柱に巣を作っていました。先…

自画像

2ヶ月前にご依頼を頂いたイラストがようやく生まれました。ねこの住む世界で人間のお爺さんが営むお店。 なんの店なのか私にもよくわからないのですが、これはもう完全に自画像なのです。 もちろんそれは精神性においてであり、造詣的に描いてはいませんが…

梅雨ならでは

気圧の変動が激しい梅雨のせいもあって、なんだか調子が悪いとお互いに話すHさんと私。 Hさんが深海に沈む戦艦を見に来た魚を描きました。画面下の辺りが思惑に反して色褪せたのが気に入らないとの事。 調子が悪い時は、それが絵にも乗り移るのは当然なの…

画育

ギャラリーを開業しながら、まだその詳細を一般的に知らせずにいます。何故か、広く周知してもらいたいという感覚は湧かず、今しばらくは、誰も知らなくて良く思えています。どんどん間口を狭くしたいのです。敷居は低いけれど、間口は狭い。それがぴったり…

オペラ色

あっという間に2週間が経ってしまい、久々の投稿です。アトリエ青での教室も徐々に稼働し、私自身の暮らしもようやく板に付いてきた感じです。梅雨に入ると庭に風情が出てなかなかいいものです。ギャラリーと同じくらいに私好みの味わいになりつつあります…

描き切らない

夜勤前に昼寝をしていると、夢にイモトアヤコが出て来て、騒々しい展開になりました。彼女のファンではないのですが、尊敬はしています。 夢のガチャガチャした騒々しさが今日描いた一枚に、そのまま表れました。 この絵は、出鱈目の集積ですが、その割には…

触発

アトリエ青ギャラリーでの展示も考えている、当ブログでお馴染みのHさん作品。息の合ったコラボで、あっという間に3枚を組曲の様に描きました。 どれか一枚が私の描いたものなのですが、それ単体では作品という感覚はありません。あくまで3枚でひとつの作…

プレゼントもらった

コラボしているHさんが今日描いたのは一軒の家。今までも家のモチーフは多かったのですが、今日はちょっといつもと違う色づかい。不穏な雰囲気でいながらどこか安堵感も漂う。そんな家ですが、出来上がってHさんが言うには、今度引っ越すアトリエ青を描い…

紛れもなく死生観

アトリエ青の新拠点となる貸家への引っ越し準備が着々と進んでいます。相変わらず自粛の意味が全く理解出来ないので、コツコツと自由に動いています。成り行きで古民家ギャラリーを運営する事になりましたが、気負わない自然な流れを感じます。 今日は一緒に…

Hさんワークショップ復活

以前は頻繁にコラボレーションしながら、このところ諸事情で絵を描く機会が延び延びになっていたHさん。 今日はようやくワークショップで時間を共有出来ました。神社が好きなHさんならではの架空の空間をダイナミックに思うまま自由に描いてくれました。 …

カバー

本当に絵を描かない日が続きます。画家なのに絵を描かない。一体いつになったら描くのだろうか。。。 全く見当も付かないまま日々が過ぎて行きます。でも、描かなければ描かない程、なんだか本物の絵描きになれそうな、気もするのです。 絵に救われる時期、…

古民家アトリエに変更

町屋アトリエ構想を発表した矢先ですが、優柔不断な私はそれをキャンセルして、古民家アトリエに変更しました。今日から突然水彩画・イラスト教室の会場がコロナの影響で閉鎖されたのも大きな一因です。 古民家は、昭和レトロな味を大事に残して、こだわりの…

続・躍動を捕える

前回アップした描きかけの絵が完成しましたので、段階的に工程をご覧下さい。下描きは例によってしていません。リアルになり過ぎるのを回避するためです。 雨上がりの夕暮れ。これ以上ない程の好みの写真を空気と光でベースを作ります。 光を残す様に工夫し…

躍動を捕える

1960年代にフランス人フランソワ・トリュフォーは「カイエ・デュ・シネマ」という映画批評誌でジャン・リュック・ゴダール等と共にアメリカ映画の評論を展開し、50年代のB級映画(二本立ての前座的一本目の比較的短い作品を指す)を擁護するなど、映…

抽象画で自画像

怖い映画の様な夢をほぼ毎日見る私ですが、昨晩はその中でも近年のベスト3に入るほどの超怖さ。ひたすら嫌悪し、怯え、恐れたのは覚えていますが、怖すぎて内容がほぼ記憶から飛んでいます。夢から覚めた今だから自分を笑えるものの、げっそりとした目醒め…

やってしまった PART2

今日は時間を間違えて、会議に遅刻しました。相変わらず何かズレているのですが、精一杯やっているので、あまり気にしないで行きたいと思います。会議後に散髪をして、帰宅後に昨日のアトリエ風景に写っていた絵を仕上げました。 これは酷い!心底無残で下品…

簡単で難しい

仲間たちと一緒の時間を過ごす以外は、せっせとアトリエ兼住居の整理をしていました。家には原画数百枚、大小額縁100枚、その他にランブ、陶器などをドッサリ保管しています。また画材や展示用什器、備品なども含めると6畳一間は完全に倉庫として潰れて…

やってしまった

今日は受講生が5時間中に3人と、比較的のんびりとした水彩画教室となりました。土曜の午後の昼下がりのひととき、談笑しながら私も一枚描き、ある程度気分が乗っているところに職場から電話が。余程急ぎの件かなと思ったら、なんと今日は教室と同じ時間に…

続・描き流し

昨晩アップした絵に追加で水性ペンなどを少し加えてみました。そういった行為は、下手をするとリアル感が出過ぎて、絵が堅くなってしいます。実際に前の段階では、ふんわりとした空気感が残っていますが、重量感が出て来ています。 これ以上手を入れるとアウ…

流し描き

最近お互いに疲れが蓄積してしまい、Hさんとの談笑時間は過ごしても、コラボをしないまま2週間が経ってしまいました。前回の大きいサイズから一転、縦が30センチちょっと程度の小品を喋りながら流して描きました。どうも、一人で描くと楽な絵になりにく…

のたうちまわれ

連続投稿です☺️ イベントから一夜明け2020年も昨年に続いて寡作です。1月に描いたのが、これで8枚目。教室の受講生からすれば充分多い数に思われるでしょうが、一日に2、3枚描く事が多かったことを考えると、随分と一枚に時間をかける様になったもの…

仲間たち

BAR MUSiCA TIO で26日にマジック、音楽、トーク、なんでもありの何とも表現しようがないイベントが、昨晩終わりました。これぞシ・オ・ミ師匠の真骨頂! 予測不能のハプニングの連鎖。 これら時間の全てが、フェリー二の映画の人間群像の様を呈した人間愛…

ライヴと破壊

シ・オ・ミ 師匠の極秘イベントが明後日に迫る中、私はどう関わるのが正解なのか模索しています。師匠のイベントは、大抵私の知らない間に出演が決まっています。その事自体は大変恵まれた嬉しい事なのですが「何をしたら良いんですか?」と尋ねても「何もし…