アトリエ青 Art Studio Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

今日の2枚

子供との交感はやっぱり凄くエネルギーをもらえます。ワークショップを終えて自立援助ホームの夜勤で2枚描きました。というか描けました☺️

一枚目はあえてドローイングのみであっさりと仕上げてみました。空間認識が下手で地面が圧迫されてしまったのは駄目ですが、空の表情から木と建物に至るまで、全て一本のペンでさらさら描けるまでになりました。ドローイングは中学生の時から取り組んでいましたが、ここまでになるのに40年掛かりました。

f:id:IshidayasunariART:20181228230801j:image

続いて路面電車がかわいいなんという事のない景観。空と路面がたっぷりの面積を占めていますが、右端のJウォークをしようとしている男性がいるだけで構図は安定します。若干左肩下がりにするのも画面のリズムには欠かせない要素です。こちらは水性ペンと透明水彩の共存をスケッチテイストで仕上げたいと思い、着彩方法を少し普段と変えています。

f:id:IshidayasunariART:20181228230533j:image

何をどう変えているのか、それはなかなか言葉では伝わりません。ただひとつ言えるのは、細い平筆一本で描いているという事。 空も路面もです。ゴルフでいうとパター1本で周る感じです。ある種曲芸的な感じを愉しみながら、発見を目指しています。