アトリエ青 Art Studio Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

晒し者の心得

夜勤明けの今日もまたまた水彩画教室がマンツーマンになり、受講生さんと世間話をしながら一枚。すると頭が覚醒して、抜け感も計算出来ていい感じに。未完成感を前面に出す塗り残しにこだわって上げました。塗り残しは、絵そのものの存在感を鑑賞者に印象付けるのに、効果的です。イラストレーションという感覚から遊離して、完成度からも遠く離れる自由さ。ただの紙切れなのに気になる。

f:id:IshidayasunariART:20181103121526j:image

その面白さや価値感は、100人中一人くらいの確率でやっと共鳴してもらえるのです。気難しく考えずになんとなくいい感じがすると思って頂ければ充分共鳴ですよ。逆にそうでない方の多くは、画家の視野狭窄だと早合点しますが、そういう批判をものともしない事が画家の条件であり、晒し者の心得だと考えています。