アトリエ青 Art Studio Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

夏バテをぶっ飛ばせ!

元から冬に元気で夏は大の苦手なのですが、今年の異常気象には夏好きな方でさえ、疲弊されているのを見かけます。教室の受講生さんも体調を崩される方が多いのですが、どうかご無理のない様にされて下さい。

私も7月は描かずに過ごそうと思っていましたが、教室中に10分で早描きしちゃいました。

f:id:IshidayasunariART:20180728212833j:image

水性ペンと透明水彩の共存シリーズのスケッチテイストです。車は走り去ったので気配だけを描き、犬は動くので残像を描きました。

続いて以前も描いたモチーフに再度着手。左端の黄色い家が気に入っていますが、それ以外は良いのか悪いのか自分でわかりません。

f:id:IshidayasunariART:20180728212840j:image

しかし今までの経験上、完成直後に良いか悪いかわからない絵は、後の自分に影響を与える効果が見込めます。後の自分というのは、未来の自分であり、時間軸を超えて訴えるものがあると言う事です。100枚に一枚くらいはそう言う巡り合わせがあるので、絵描きとしては、そのために平然と99枚を描く必要があります。

ちなみにこの絵は今年の130枚目くらいです。