アトリエ青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

曖昧さの中に

 

昨日は師匠と、その友人の車でショッピングモールに遠足に出掛けました。

一緒にうどんを食べて、ブックオフで旅行用の大きなスーツケースを5,000円で購入。

やっと来月の一ヶ月のセルビア旅行の準備が始まったかんじです。

その後は別行動で私は黒沢清監督の「散歩する侵略者」を鑑賞しました。

 

私のプロフィールにある様に20年以上、アート系の映画館で映写技師やマネージャーをしていたので、日常的に映画浸っていました。

 

黒沢清監督には来館頂き、直接お会いしたことがあります。

舞台挨拶で登壇頂き、お客さんの質疑応答の中で「映画を撮るのに監督の才能はあまり関係ありません。むしろ、こういう映画が撮りたいという発想が出てから実現までに、脚本がお蔵入りになったり、諸事情でクランクインが何年も延びる事が多いですから、その間にも情熱を絶やさずにいる事が大変です。なのであえて言えば諦めない才能は必要かも知れませんね。」と仰いました。

 

もう10数年も前の話ですが、今でも凄く印象に残っています。

黒沢清監督の映画は決して一般受けしませんが、真っ直ぐで強靭な志があります。

私はそこが大好きなんです。

 

映画も絵もフォルムが曖昧でも自分で貫いている方向性があれば、しっかりした作品になります。

前回の絵があまりに固くて真面目だったので、今日はもっと曖昧さの中に埋もれる様に描こうと思いました。

 

f:id:IshidayasunariART:20170915235647j:image

 

横幅60cmくらいと結構なサイズです。

フォルムを崩せるだけ崩し、気配が物質的存在感を超えて欲しいという想いを込めてみました。

 

曖昧さの中にあるのは何の気配か⁉︎  

それは観た方が決めれば良いのです。