アトリエ青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

心静かに

 

今日は知り合いで将棋の振興活動を精力的にされているMさんとお話しする中で、とても良い教えを戴きました。

Mさんによれば、将棋を通じて一番学べるのは、コミュニケーションなのだそうです。

 

思考力や洞察が深くなるのは、将棋をしない私でも予想出来ますが、実は将棋盤を挟んで向き合う時間の中に無言のコミュニケーションがあり、そこには相手を敬い尊ぶ心がなければ駄目だという事です。

 

これには驚きました。アートと同じなんですね!

私は作品も将棋盤だよなぁ〜〜と感慨に耽りました。

 

志を持っている方の言葉は本当に謙虚であり、本物の人と対話をして非常に嬉しい気分になりました。

 

そんな気持ちが今日の一枚に出ました。

 

f:id:IshidayasunariART:20170913233459j:image

 

心静かなる日は、奇をてらわない絵を描いてみたくなるものです。

いやらしい売り絵(需要が見込める系統の絵)すれすれの下品さの中に、それをも肯定してみたい仕上がり。

 

意欲作でも何でもないですが、この絵はセルビアの個展できっと売れます。

売れる絵を描くことを目的に絵を描いていませんが、私の絵と出逢って衝動的に欲しくなり、買っちゃう人がいる事には感謝して、その方を敬わなければいけない。

 

画家にとって当たり前の事ですが、そこで自分を保つバランスはとても難しいのです。