アトリエ青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

ドローイング

 

drawing(ドローイング)を翻訳アプリで調べると「お絵かき」と出ますが 🤗

これだと幅があり過ぎて意味がわかりませんね。

 

今日は息抜きにそのドローイングで2枚描きました。

 

f:id:IshidayasunariART:20170724224554j:image

❶ 怪訝な顔の農夫

くるくるとした線で立体感と肌の厚みを描出しました。

 

f:id:IshidayasunariART:20170724224603j:image

❷ いわゆるその辺の美女 

平面性にこだわり、人工頭脳AIが描いたものをプリントアウトした様な雰囲気にしました。

 

2枚ともマジックペン一本で描いています。

 

デッサンは線で輪郭を描かない事がルールです。

世の中には線というものが存在せず、光によって物質が可視化されるという概念に基づきます。

クロッキーは線のみで対象を捉え、陰影を入れません。

ではドローイングはというと、その両方を自由に使って良いという感覚です。

 

でも近年では、筆で描いたものでもドローイングと言われます。

これは日本の美術界のご都合主義だと思います。

そういうのはさて置き、自分が思うドローイングは落書きなので、気ままに描いて行こうと思います。

 

それにしても、ペンで絵を描いたのは30年振りかも! (*≧∀≦*)