ア ト リ エ 青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

ライヴに潜入

 

今日は絵から離れたお話です。

京都にあるライヴの聖地、ライブスポットRAGで昨晩開催されたイベントの様子。

 

f:id:IshidayasunariART:20170515110927j:image

 

パーカッショニストでもあるマジシャン シ・オ・ミ師匠が出演されるというのでリポーターの役目を仰せつかりました。

 

リポーターとはいえ、音楽に疎い私に何が出来るのか?

ただただ楽屋からステージまで、通常は入れない場所に潜入許可を得て匂いを嗅げという事です。

 

f:id:IshidayasunariART:20170515113335j:image

             シオミ師匠と作戦会議中の私

 

 

3バンドによる3時間に及ぶライブ。その幕間にマジックや腹話術師ニッシャン堂さんまで登場!

 

f:id:IshidayasunariART:20170515114212j:image

 

 

f:id:IshidayasunariART:20170515114217j:image

 

ライブハウス36年の歴史の中で、腹話術は最初で最後の登場でしょう!

 

f:id:IshidayasunariART:20170515115635j:image

 

この様子は来月6月12日に配信される ええラジオTV シオミと愉快な仲間達 の中で語ります。

 

ここでお伝えしたいのは、群れると駄目な者も良い者もいる。

これはプロでも同じ、というかプロこそそういう違いが激しいと思います。

 

駄目な者でも権力があれば、下の者はそれを言えない。

例えそれが良い者でも。。。

 

闘いを避けて出入りが出来るように守る。

それは、マナーなのか?

 

今回私が学んだのは、切磋琢磨お手て繋いでの違いでした。

もっと志しに対して意地汚くても良いんじゃないの?

 

弾き出されても真実を言う。そうでないと本物になれないから。

プロとはそういうもの。