ア ト リ エ 青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

眼を瞑って描きたい

 

見たものを見たまま描かないのは、当然ですが、どうしても視覚に訴えてしまいます。

今日はそれ以上に運動として絵画を解釈してみようと思いました。

 

具体的には、筆の運動の軌跡という事ですが、自分でもよくわかりません (*≧∀≦*)

 

f:id:IshidayasunariART:20170401220741j:image

 

質感を描くことに筆が貢献しないとしたら、手はどう動くのか?

すると透明水彩の長所である、にじみやぼかしなどの正当な使い方をも妨害し始めました。

 

これは、なかなか自分でも興味深い表現です。

絵はどんどん完成度から遠ざかり、駄目になったという見方と同時に欠点が魅力にも見える。

 

面白い視点だなぁと思います。

眼を瞑って描けたら本質に届きそうです!