アトリエ青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

OAK展示会 in ベオグラード開幕!

アートグループOAKの記念すべきセルビアでの初の展示会が始まりました。

3月に滋賀県大津市の旧竹林院で私がプロデュースした
「OAK展示会 in 滋賀  魂のセルビア芸術と日本文化の出会い」に対するセルビアメンバーの魂の返礼でもあるこの企画。

反響が楽しみです。


f:id:IshidayasunariART:20160531002835j:image


中にはこの様なとても奇抜な、でもポップとかキッチュでもなく、古くも新しくもない。激しいのに優しい不思議な味わいのウォールランプ (≧▽≦)



f:id:IshidayasunariART:20160531002659j:image


今回はメンバー5人にゲスト作家を更に5名を加えて計10人が参加。

バラエティー豊かな作品が並びます。



その一部を少し公開します。


f:id:IshidayasunariART:20160531003031j:image
          小さい飾り



f:id:IshidayasunariART:20160531003108j:image
          個性的なランプ軍団



f:id:IshidayasunariART:20160531003135j:image
          壁面に鳥のレリーフ




f:id:IshidayasunariART:20160531003211j:image
           私のガラス絵(上段)



グループの名前の由来でもあるどっしりとしたオークの古木で作った特注フレーム。
なんと樹齢150年ものを何年も寝かせて乾燥させています。

そのため非常に重いです。


f:id:IshidayasunariART:20160531005724j:image
            去年の11月のセルビア滞在時にお邪魔した友人宅のリビング



セルビアはドアが大きく、天井も3メートル以上ある家が多いので、これぐらいの重厚感がちょうど似合います。



f:id:IshidayasunariART:20160531004008j:image


中にはランプ色LEDとミラーを仕込み、光を拡散させる工夫を施しました。


インテリアとアートを両立させた様なイメージで作りましたが、日本で販売する場合は、住宅事情を意識してもう一回り小振りにしなければ (^^;;


ではまた面白い作品をお楽しみに〜!