アトリエ青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

プロも透明水彩の練習はのびのびと

描きたい題材を探すのも絵を描く過程の一部だと思いますが
こんなものを描いてみたなぁ〜って時に、そうそううってつけの題材に出会うとは限りません。

ネット全盛の世の中ではWallpaper、つまりデスクトップ用壁紙をいくらでもダウンロード出来ます。
今日はその中からこんな写真を参考に練習作品を描きました。

f:id:IshidayasunariART:20150830230432j:image

Wallpaperとしてはこれぐらいアンダーな階調がアイコンが見易いでしょうが、絵としては無駄な情報が多過ぎるので縦の構図にトリミングしてみました。

f:id:IshidayasunariART:20150830225749j:image

僕の好みの景色ですが、今度は塔の先端の位置が真ん中過ぎてバランスが悪いです。
またドーンとライトのポールがあるのもいただけません😅

なので更に省く物は省き、塔の位置も適度にサイドに寄せて、こんな感じで全体を構成しました。

f:id:IshidayasunariART:20150830230240j:image

色彩は自分のやりたい様に変えちゃいます😬
塗り残したり白で車のライトを光の川みたいに起こしておいて、うっすらと灯りの色を重ねて仕上げたのがこちらです。

f:id:IshidayasunariART:20150830231155j:image

最近は画面の端などに塗り残し箇所を見せてしまった方が生々しくて面白いかなと思っています。

もっと光の流れを大胆に描ければ良かったかなと思いますが、自分の世界感に変換出来た事も含めて練習作品としてはなかなか楽しく描けました。
これは個展で販売はしませんが、気にってくれる友人には無償で譲ろうと思います😊

サイズ51X42cmくらいだと、普段なら7〜8万円位の値を付けるので相当お得です(笑)