アトリエ青 Art Studio Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

watercolor paints 水彩画

自分取り戻し

描けない無念の日となった昨日の反動で、朝から描きたくて仕方がない状態でした。一通り用事を済ませて描くと、ただの売り絵(需要を見込める卑しい絵の意)の様でいて、いやそんなに悪くないぞという普通の絵になりました。 この絵は高校の美術部にいる達者…

後味悪いのも修行

気が高まる絵を描くことで体調が戻るかと思いましたが、やはりしんどいので朝に内科を受診したら、熱があり、感冒薬を処方してもらいました。 お蔭様で一気に体調は戻ったのですが、緊張感が解けたせいか、今日描いた絵は腑抜けのようになりました。画面を直…

抗生物質投与

今日の3枚目は体内の病原菌を叩き潰すために、ハイな色彩で画面を作りました。この絵はエネルギーに満ち溢れていて自己評価は高いです。一番良いのは稚拙に見える人物の描写! 雰囲気は描いているけれど、説明はしていないところが面白いです。画家にしか描…

病原菌との共存

昨晩夜遅くにある会議に参加したのですが、その場の衛生環境があまりに酷く、ホコリっぽかったので、帰宅後に気管支炎と頭痛を併発しました。しかし、絵は描きたい。なんせ2日間描いていないのは、精神衛生上、非常に悪い 体調的には本当はゆっくり寝たい。…

公開制作後のデザート

公開制作は、とても有意義で楽しい時間でしたが、満腹には遠く、デザートで水彩画 いくら描いても描き足りない性分が出ました。 そんなに描いたら疲れないの?とよく言われるのですが、描くのは楽しく食欲などの生理現象と変わりませんので、元気になります❗…

公開制作作品

今日は公開制作で2枚描きました。1枚目はベオグラードの通りを俯瞰気味に捉えた絵。 なだらかな丘陵の車道が都市を貫く哀愁だけを描きたくて選んだモチーフです。湾曲する坂のラインを効かすために敢えて垂直と水平の線で建築群を捉えています。 2枚目は…

浮遊する窓

今日の絵も全く空がなく通りのカフェやアパルトマンが画面を覆っています。それでも圧迫感がなく穏やかに見えるのは全体が軽いからです。窓やポスター・看板は壁面に属しているようで、実は凧の様に空中を泳ぐ様に描いています。 人の集っているあたりは店先…

クスッと笑う絵

路傍の縁石に腰掛けたイカツイ系の中年男がアイスクリームを食べている写真を見つけました。 この自然体は何というか微笑ましくもあり、そして絵になるんですよね〜❣️ 奥の方でも若い2人が談話。アクセントになっています。全面を店の壁が塞いでいるので、…

積み木

三角・四角・丸・円・楕円・線などを頭で思い浮かべると子供の頃に遊んだ積み木を思い出しますね。 今日描いた絵は遠近感を殺してただただ、積み木が振動でばらっと崩れそうな、そんな気配を出しました。とは言え、それは後付けです。 このモチーフを見たと…

湿度を描く

2015年に初めてセルビアに行き、ゼムンの青空市場まで散歩した途中に収めた写真。秋晴れの午前の日差しにより紅葉の樹々も落葉も色彩を湛えています。緑色のベンチは全体のバランスを考慮してブルーに変えました。 腰掛けたい欲望にかられる様なトーンに…

薄いサングラス

今日は毎月レギュラーで出演させて頂いている ええラジオTV「マジシャン シ・オ・ミと愉快な仲間たち」番組収録でした。35年以上振りにサングラスを掛けたのですが、眼に良いなぁ〜と感じました。当たり前ですが、眩しさやハレーションが緩和されると気…

緩んだ絵

今日描いたのは、縦長の顔をした路面電車です。しかし、まとめに入ってるので、ちょっと酷いな〜と反省しました。 先ず、湾曲した線路を望遠気味のレンズで捉えた時に折り重なる様に見える感じをきちんと描いたのがいけません。ではどうすれば正解だったのか…

今日の2枚

黙々と描きました。1枚目は沢山の色味に溢れたインテリアのカフェを室内から捉えたもの。ひとりノートパソコンに向かうカウンターの学生らしき男性。窓越しの外光に中にもオープンカフェで会話する2人が。。。 人物を一瞬で描くことで調和が取れました。大…

うまく描くコツ

「うまい絵を描きたい!」教室の受講生さんの多くはそう思っています。その証拠に「下手くそで駄目」という自己卑下発言を何度も連発されます。気持ちはよくわかりますが、上手い絵を描こうとしたら、全て裏目に出ます。またマイナス発言ばかりしていると心…

2匹のネコ

以前から気に入っていながら、なかなか手が出せないモチーフだった2匹のネコ。 今日は腑に落ちるものが描けました。黒ネコの方は完璧なフォルムなので見たままを再現しましたが、真ん中の茶色いネコは策が塞がれただけで強調しないようにしました。 2匹と…

正確に描き移すのでなく

先日「マスキングの罠」でご覧に入れた水彩画があまりにも退屈極まりない愚作でした。心機一転、誰にも描けない様に、自分流を貫く絵を描きました。 何も正確に描いていないし、何処から始まって何処で終わるのか定まらない全ての線。それは裏返せば、説明を…

おもちゃで遊ぶ

ひしめき合う建造物群。観ているとジオラマに見えて来ます。という事で、実在の光景をジオラマに見立てて1センチくらいの人々が暮らしている様に描きました。おもちゃと言っても透明水彩のことです 厚い雲の隙間から刺す弱い陽光も映画のセットに様に作り込…

欲をかかないで絵をかこう

街明かりでライトアップされたベオグラードの中央広場。ここは昨日アップした絵とは真逆で、雰囲気抜群の人通りの多い界隈です。 欲をかくと建築物の様式美など盛り沢山で目移りしますが、心身消耗気味の今日は、小サイズにトーンだけを描くことにしました。…

逆三点透視による開放感!

午後の空が支配するベオグラード郊外の街並み写真を発見! ゆる〜い下り坂の麓に更に街並みが広がる。私も実際に足を運びましたが、はっきり言って郊外にある住宅はこの様に品がない建物がポツポツ見受けられます。これじゃあ、まるで昔のラブホ しかし、都…

額装の秘かな愉しみ

私のアトリエには常時20枚くらいの絵が至る所に貼ってあります。自分の視界に入って2、3日もすると飽きる絵と、一年経っても新鮮なままの絵があります。嫌になった絵は直ぐに外し、また違う絵を貼ります。たまには戒めとして嫌な絵を貼ったままにする事…

イラストシーソー

今日は透明水彩画一日体験の参加者さんへのレクチャーで、簡単に描けるクマちゃんイラストを披露しました。こういう絵がサラッと描けるのは子供のワークショップでの触れ合いあってこそ。子供から色々と教えを得ています。結構可愛いなぁ〜と気に入っていま…

傾いた水平線

寒いのか暖かいのかよくわからないここ3日間。外の気候に関わらず、店内や電車内の暖房がよく効き過ぎていませんか? 不自然な暖房が苦手な私は、自律神経がおかしくなり調子が悪くなります。そんな訳であまり筆が進みません。今日は一枚目が、どうしようも…

木綿のテーブルクロス

太田裕美の昭和の大ヒット曲「木綿のハンカチーフ」は、東(東京)へと向かう列車で旅に出た僕と、それを想う私の往復書簡の様に歌詞は書かれています。最後は旅に出た彼はもう帰らないので、涙を拭くために木綿のハンカチーフを下さい。というところで終わ…

公開制作で遊ぶ

今日は定期的に思い付きで開催している「画家石田泰也の透明水彩画公開制作」で2枚描きました。 白い漆喰の上の漆黒の塔が魅力的な二股の道。二年ぶりにクレヨンを仕掛けてアクセントになる様に仕上げたのですが、間の抜けた感じが出過ぎたなぁと思います。…

丸と線

今日は丸い物のリズムを取り入れて描きました。丸の最大の魅力は遠近法が出にくいところです。古いミシン台に置かれたガラスボウルの口の楕円。その中に入っている果物。それに調和する様にミシンのフォルムを強調しました。 手前の椅子の座面も真上から覗き…

気だるさと意欲

毎回のテーマが自分が見たことのない絵を描くなのですが、達成するのは非常に難しいですね。 当然のことですが、50枚くらい描くと「あっ」と思う絵が描けます。 日中の子供のワークショップでへとへとになり身体が気だるく、頭もボーッとしてます。こんな…

フォトフレームを使って

昨日投稿したタイトル「額の値段」の記事の中で大きな間違いに気付きましたので、私の責任で削除しました。混乱された読者様には、心からお詫び申し上げます。 フォトフレームの有用性については変わりませんので、改めてアップします。 このフォトフレーム…

3年前の絵

たった3年前は、一枚にのべ5から10時間掛けて一般受けする作風で描いていました。 琵琶湖のミシガン船 丁寧に慎重に描いていました。 この頃は下描きもきちんとしています。 薔薇をマスキング処理し、最後に手を入れました。 白絵の具は一滴も使っていま…

2週間ぶりの水彩画

冬ごもりモードでドローイングばかり描いていましたが、久し振りに絵の具を使いたくなりました。以前も描いたベオグラードのバスターミナルの愉快な店を構図を変えてリメイク。 出来るだけ下手に、でもこれで良いのかもという画調にしました。 続いて前々回…

光に溶けていく

このところ小さい絵ばかり描いていて縮こまって来たので、以前描いたモチーフに再挑戦しました。今回は横幅55cm程度と結構なサイズ感。 画面上の樹々の葉を徐々に抜いていくことで、画面が光に満ちた感じになったのが新鮮です。 葉の密集している部分も紙…