アトリエ青 Art Studio Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

watercolor paints 水彩画

エグい絵

昼間のドローイングは穏やかで柔らかなものでしたが、夜は急転直下、鬼気迫る絵を描きました。私は透明水彩で匿名のプロなら誰でも差がなく一定のレベルで描くような予定調和を嫌い、自分がなんだこれと言う最初の驚きに接する事を優先しています。この趣向…

窓が出来た

ネットで入手した素敵な窓辺のモチーフを原寸に近いイメージで描きました。海のきらめきを紙残しで表してますが、大抵の水彩画テキスト本やYouTubeの先生方の動画では、波や遠景をもっと細かく刻みますね。それは器用に見えるので避けようと思いました。露骨…

珍しく習作を描いた

今日の教室も絵を生き甲斐にしたいという受講生がぶっ通しで4時間頑張りました。私の母親より歳上の方ですので頭が下がります。レクチャーも真剣に聴いて下さり、新しい引き出しを作っていく喜びに満面の笑顔で楽しいですと仰ったのが印象的でした。 例によ…

絵描きの日記

今日の教室では、受講生が家で仕上げて来られた絵があまりに良かったので感動して大喜びしました。画像は展示会を控えているのでアップしませんが、何が良かったかというと、その絵を観た方の心が幸福で穏やかになるオーラが出ていたからです。理屈抜きにそ…

ギリギリセーフ

今日は息抜きに簡単な路地を一枚描きました。こういう縦長のサイズは65cm前後の高さで描く方が迫力が出て面白いのですが、縦21cm X 横13cm とかなりの小品です。でも画像データで見たら思ったより成立しています。 カーブして右に消える石畳みの路面と両サイ…

描かない

今日の教室では、一生懸命絵と向き合う受講生との清々しい時間を共有出来て、嬉しくなり一枚描いてしまいました。趣味で絵を描くのなら失敗して不快な思いをしたくないと仰る方が多いです。プロは失敗しないと思っておられる方も多いのですが、如何に挫折と…

日記

ギックリ腰になった昨日から一転、今日は巻き返しとばかり10年間お世話なっている命の恩人に人生相談に乗ってもらいました。今回も大いなる助言を頂き、梅雨空も吹っ飛ぶ晴ればれとした気分になりました。引き続いてこどもアトリエ青で一緒に活動している…

奇妙な絵

この一週間は、過度のストレスから自立援助ホームの仕事を休んで寝込んでいました。ところが寝すぎて身体が固まってしまい、今朝は洗面中にギックリ腰になる始末😅 でも、幸い歩ける程度だったのでなんとか教室は予定通り開講出来ました。今日から新しく受講生…

前々回の抽象イラストを仕上げて納品しました。改めて見るとポップな感じです。ポップなのは滅多にというか、今まで描いた事がありません。しかし、これはポップアートではないんですよね! では何かと言うと、ただの絵です。普通の絵。普通の絵というのは、…

未完成ではなく

セルビアのゼムンあたりから遠くにノビベオグラードの無機的なアパルトメントが見える写真を見つけて、久々に描きたくなりました。ノビベオグラードというのは古代都市でもある首都ベオグラードに対してドナウ川を挟んで開発された新興住宅地一帯を言います…

未完成の抽象画

抽象画も具象画も絵という意味では何の違いもないと考えていますが、抽象画を描く時にあえて注意する事はあります。それは一定の具体的なモチーフの印象から出来るだけ遠いところにいる事です。 今日は着彩したものを切ってコラージュする子供ワークショップ…

セルビア便りで和む

セルビアのランプ作家ゾランとメールでやり取りしていたら、週末にチュミチュ村の彼の別荘の庭に顔を出したキノコと一緒に新作ランプの画像が届きました。その別荘には2017年10月に一泊滞在させてもらって一緒に焚き火を囲んだのが一番の思い出です。 …

作画工程

雨降る石畳の露地をレクチャー用に描きました。4枚の写真で工程をアップします。 下描きなしで、ネオンと暮れゆく空とに区分けして滲みを作り、乾燥してから薄い色で建物を起こします。 左の建物にも手を入れて、石畳を重ねて起こします。画面右に色を付け…

色温度

読者の方にイラスト関係の方が多いですが、皆さんは絵を描く時のライティングをどうされていますか? デジタルで描かれる方はブラウザの色温度設定次第で相当変化するでしょうが、私のようなアナログ派の場合の理想は、薄曇りの北窓の自然光が最適です。 と…

恥も外聞もかなぐり捨てて

寝不足と言うより寝過ぎのためだと思うのですが睡眠が浅くなると、幻影が現れては消えます。今日はモノクロームのイメージが浮かぶので描いてから寝る事にしました。後付けですが、描いたものは人間だったんだと知りました。 続いて更に出来損ないの様に描く…

痒みのない質感

今日はシャワーヘッドを塩素浄水機能付きのものに初めて取り替えました。塩素というのは、カルキとも言い、学校のプールに先生が錠剤を投げ込んでいた白いあれです。水道水の衛生を維持するためらしいのですが、これがアトピーや敏感肌の方の被害を助長する…

タイプが違う2枚

今日の水彩画教室はずっとマンツーマンになったので、例によって私もゆる〜く2枚描きました。 1枚目はカフェの店先ですが長ーい足に纏わりつく白いロングのエプロンが面白いなぁと思いました。その印象を強くするために店や向こうの建物を全部飛ばすように…

ドーンと産まれた

縦幅1m のブラックオパールアートが完成しました。一種の抽象画と思って楽しんで取り組んでいますが、この発色は透明水彩でしか出せません。ずっと動き続けている水や宇宙を連想するし、ブラックホールもある様に思えます。巨大感が伝われば幸いです。 次…

ポロッと産んだ

今日の教室は受講生の皆さんがそれぞれ展示会に向けてモチベーションが上がって、心弾む日でした。私も思わず教室中に風景画を描きました。実に1ヶ月振りの風景画です。このモチーフは去年ネットで見つけたセルビアの廃線車庫か何かです。描き写す意識はな…

編集は小細工ではない

家にいる間は出来るだけボーッと映画を観て、思い立ったようにクライアントに納品するための仕事に取り組んでいます。ロシアと上海のジュエリーショーで展示するものを10枚くらい作りましたが、面白いと思えるものはその内、半分もあれば良いところ。 とり…

気まぐれ動画

最近はあまり絵を描かないので、昔作ったWatercolor bookシリーズの新編を作りました。 この中には気に入っているものというよりバラエティに飛んだ内容にするために、変な絵も入れています。是非ご覧下さい☺️ 画家石田泰也のWatercolor book下記リンクからY…

夢でヒントを得た

セザンヌの絵がどうして面白いのか!? 丸2日間思索を続けていたら、夢にヒントが表れて、寝言を口走りました 「捕まえたぞ、捕まえた!」と呟きながら一旦覚醒して、直後にまた寝ました。それでも印象はしっかり頭に刻み込まれた様なので、早速実践してみ…

いい日

雨の水彩画教室となった土曜日。土と樹木の匂いを感じるように小さい絵を描きました。風景画という形を借りながらシンプルな画面形成を優先して、遠近感を圧縮しました。器用さが抹消されたのが一番良かったと思います。荘厳で深い感じも全くしないのが好ま…

上達より探求

この一ヶ月程はほとんど風景画を描くことがありません。何故か自分の絵に対する嫌悪感、というより、鑑賞者に寄せてしまう感覚が邪魔に思えてなりません。だから敢えて描かないでいるのです。 今日は水彩画教室でポール・セザンヌの話題になりました。これま…

パンクーシ

神出鬼没で美術界を騒がせている謎のアーティスト、バンクシー。彼のパフォーマンスは非常に痛快ですが、偽物が横行して一喜一憂する世間は滑稽そのもの、笑うしかありません。そこで唐突にカミングアウトするのですが、実はバンクシーの正体は私なのです。 …

内なるテロ

定期的に開催しているこどもアトリエ青の出張ワークショップ。昨日は3人の子供達がパッションを叩きつけました。日本の場合、まだまだ枠にとらわれる学校の美術教育が幅をきかせている為、創造より破壊して感性を自由にして行く作業を幼少時から身に付けま…

宙吊りの課題

一昨日、水彩画教室中に人が途切れた間に描いた一枚です。車、街路、家屋、樹葉、空などの主要モチーフはもう何度も何度も描いているので、どう描くかはわかっているのです。でも、それでは事物を描いているに過ぎず、ここにしかない光、空気、時間、気配、…

インクと水のみ

先週から公開しているクリント・イーストウッド監督主演作品「運び屋」の彼をドローイングで描こうと思いながら、またもや不出来な感じになりました。そこで、ブラウンの水性ペンから発色する色だけを活かし、水のみを塗る事にしました。 クリントは顔のシワ…

コラージュ風に人物を描く

昨日に引き続き松田優作の伝説的な作品となった「野獣死すべし」とそのキャストにオマージュを捧げる一枚を描きました。これが映画デビューとなった優作の後輩 鹿賀丈史の好演が光る一作でした。また当時アンニュイでどこか不健康な感じが逆に独自の存在感を…

水彩遊戯

映画「遊戯シリーズ」をご存知でしょうか? 松田優作が殺し屋 鳴海昌平を演じて人気爆発した3本の連作です。「最も危険な遊戯」「殺人遊戯」「処刑遊戯」のセットblurayを買ったので、今までで一番最良の画質で愉しめます! 中で大傑作となった一作目「最も…