アトリエ青 Art Studio Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

other その他

習作ドローイング

今日の教室はなかなかに大変な対応を求められて疲弊しました。しかし、疲弊したという考えに捕まえられるより、それを放棄して楽しんでいる姿を見せるしかないと考えて、レクチャーの合間に淡々と新聞を広げるお爺さんをドローイングで描きました。これは近…

神 業

クリント・イーストウッド監督主演作品「運び屋」の話です。 原題は「The mule 」(ラバ 頑固者、強情っぱり、麻薬密輸品などの運び屋、drug muleは麻薬を密輸するために, 外国からの運び屋として雇われるしろうと旅行者を言う。ネットからの抜粋) クリント…

ドはドローイングのド ⑦

今日は溜まっていた用事を午前中に段取りよく済ますことが出来ました。昼に居酒屋ならではのランチタイムメニュー、海鮮丼を注文したら30分も待ちました。日本ではなかなかの時間ですが、ビジネスマンとは違い私はずっと休み時間のような生活なので、この…

かけがえない

一週間ぶりの投稿です。このところシ・オ・ミ師匠のお蔭でいつもにも増して様々な人間模様、悲喜こもごもに出逢います。前回の記事で触れたライブでは、ジャズヴォーカリスト ミサさんや80歳代で現役のベーシスト松島さんとご一緒させて頂き、心地良い時間…

インプロヴィゼーション 即興

歌は時々唄うのですが、楽器の演奏が全く出来ません。シ・オ・ミ師匠の提案でトランペッターの設定で吹いている振りをしてくれというお題を頂きました。ふたつ返事で喜んでやる事になり、わざわざライブハウスをお借りして演奏しました、というか振りをしま…

大事件

一気に夏日になって体調を崩される方がいらっしゃいますが、読者の方は如何でしょうか。私も毎日短編コントムービーのロケで師匠や仲間と外出していますが、フラ〜っとなります。 そんな時は急いで冷房の効いた店に駆け込みきちんと休憩を取るように心掛けて…

コンポジション

映画監督 小津安二郎 は日本人の心や風習を的確に描いたと言われることが多いですが、もっと普遍的で、抽象絵画のようにダイレクトに心に侵入するものを映画で描いた様に思えます。風習や時代背景はどうしても小道具や生活様式で画面に反映しますが、それ自…

お茶の氷博士

師匠の新番組「シ・オ・ミ とアホーな仲間たち」にアシスタント・ディレクター、撮影、編集として関わらせて頂いております。いつも強面の殺し屋などの役が多いのに、今日は天才科ガク者 お茶の水博士ならぬお茶の氷博士に扮してアホーな役を頂きました。な…

遊び時間

世間はGWという事で浮き足立っていますが、私は私の24時間をずっと過ごしています。 敬愛するシ・オ・ミ師匠のYouTube新番組を立ち上る事になり、映画やコントを1日掛かりで撮影・編集。私も殺し屋役で出演させて頂きました。これでも若い頃は演劇や映…

取り組み方

クライアントから受けた仕事に専念するために自分の絵を描かないで過ごして来ました。その為にほぼ日記状態の当ブログも更新が途絶えがちでしたが、ようやくどういう気持ちで向き合えば良いのかが、掴めて来ました。 クライアントの希望には応えたいけれど、…

気まぐれ動画

最近はあまり絵を描かないので、昔作ったWatercolor bookシリーズの新編を作りました。 この中には気に入っているものというよりバラエティに飛んだ内容にするために、変な絵も入れています。是非ご覧下さい☺️ 画家石田泰也のWatercolor book下記リンクからY…

ものまねアート

松田優作の遊戯シリーズを買って観直して以来、すっかりその魅力にはまってしまいました。今日は寝る前にサラッとドローイングで「探偵物語」の彼を描くつもりでした。しかし、サラッと行くべき時にガチガチに描いてしまう癖がまだまだ取れず、反省ばかりで…

平凡なドローイング

昨夜ベッドに入って映画を観ていたら、ものの15分くらいで寝落ちしました 「美しき諍い女」という30年近く前のフランス映画です。諍い女 は「いさかいめ」と読みます。画家と裸婦モデルの葛藤から野心の交差を描いた4時間もある作品です。 昔映写技師を…

小説とのコラボ

今日は夜勤明けでええラジオ「シオミと愉快な仲間たち」の収録でした。3月10日のコンサートの告知や、私の映画紹介コーナーなどてんこ盛りの内容、また久々に登場したニッシャン堂が大暴れして大爆笑の回となりました。 家に帰ると「小説 野生時代」3月…

嬉しそうに描こう!

前回に続いて「ふたりのベロニカ」のイレーヌ・ジャコブのドローイング。これはなかなかに酷いですね。線の全てが萎縮して、ふくよかさ、柔らかさ、優しさがないです。逆にあどけなさ、脆弱さ、はあるのですが、それは弱いだけであり、絵としては完全に没で…

うつ病あって今がある

アルバムを眺めていたらバカな写真を発見しました。2013年9月に私は当時根室で暮らしていた学生時代からの一番の親友を訪ね、ひとり旅をしたのです。これは北海道の根室港でのひとコマです。実は、うつ病から自殺未遂をはかった直後でした。しかし、こ…

絵と直結しないけど有益な情報

正月以来絵を描かなくなって2週間が経とうとしています。教室の講師としてレクチャーではドンドコ描きますが、作品という意味では全く描いていません。やはり相変わらず一人で映画を観たり、アーティスト仲間との時間を大切に過ごしています。このオフ感な…

悦楽を通じて学ぶ

もう5日間も絵を描いていません。昨年末から今までになく、私の絵を購入希望される方が絶えません。私は需要に配慮した売り絵を描かない主義ですが、そんな絵を欲しがる方々にめぐり合う頻度が高まっている事に戸惑いを感じます。それで描けなくなっていま…

品のない一般論

今日は絵が2枚売れました。自分で気に入っている原画がもう見られなくなるのは寂しいですが、大抵の場合、購入される方は出逢いを感じられています。なので有り難い事と思うようにしています。作品は分身でもないし、基本的に紙切れですから。 それにしても…

師を仰いで

これまで何故か紹介する機会を逸して来ましたが、今から遡ること40年!私が中学二年生と三年生の時に美術教科でお世話になった東郷正二郎先生のお話です。現在ご存命であれば、85歳になっていらっしゃいます。写真はサイトから転用してますが、2004…

唄う

11月25日は某会場で秋風コンサートにチョロっと出演します。恥ずかしいので時間や正確な場所は告知しません それより皇子が丘公園で練習しているこの空気感が良いのでご覧下さい。私は唄うのも大好きですが、音符も楽器も駄目です。感覚だけで唄います。…

在廊中の早描き

大阪天王寺のNano Galleryさんで在廊していると、一定間隔で次から次とお客様がいらして色々とセルビアの話を聞いて頂けて嬉しい日でした。 終日スライドショーも流して頂き、じーっと見る方からどうでもいいやって感じで見る方、それで当たり前。このスライ…

イベント延期のお知らせ

またまた台風です! 予てから読者の皆様に何度となくご案内差し上げた「一日だけの個展」ですが、大雨暴風警報の発令が予想されるために来年に延期となりました。 たくさんの方にご予約頂き満席となっていましたので、誠に残念です。またこの日の為にわざわ…

逆境を逆手にとって

昨日家主さんからアトリエ兼住居で借りている家の退去要請が来て、あとは管理仲介業社に丸投げとなりました。今日は早速業者に電話して今後の流れを確認しました。入居者の権利としては半年間の猶予が規約内に明記してありますが、とっとと引っ越してしまお…

謳歌して唄う

ベンチャーズをパロったベンターズに扮した仲間たちがワンコインと謳いながら実は無料という、なんだかよくわからないコンサートをします。師匠から一曲だけ歌を唄ってと言われたので、今から何を唄うかドキドキわくわくしています。 考えてみれば人前で唄う…

境界がない良さ

日々、友人や援助員兼アートディレクターとして勤務している青少年の自立援助ホームを出た方から愚痴や独り言を傾聴する事が多いのですが、今日は4人もいて情報が飛び交いました。自立援助ホームを出た今は成年となった利用者が、何となく思い出してLINEや…

恩返し

「自分の益を図って自分の事だけに目を留めず、人の益を図って他の人の事にも目を留めなさい」という聖書の中の言葉があります。ここ数日ずっとこれが突き刺さって反芻していました。絵を描く心境にはなれないし、壮絶な夢ばかり見るしで、どうしたものかと…

一貫性がないかも知れない話

「果報は寝て待て」や「なる様になる」ということわざをスタートラインで期待する場合があります。でもそれはムシが良過ぎますよね〜。地面を耕して、種を蒔いて、立ちはだかる災いに立ち向かい、あきらめずに地道な積み重ねをし続けた先の天命を待つ頃合い…

絵にならない風景

今日は日本的な日常風景を描きました。日本的なものの象徴として、交差する電線の多さが言えるかと思います。空を切り裂く電線は透明水彩では不向きですが、この様なドローイングでは調和し易いですね。それは画面中のあらゆる線の運動のお蔭です。遠景の山…

セルビアでの拠点作り開始

2019年の春に日本からセルビアへ移住すると決めて、それに応える様にセルビア人有志が動いてくれてアソシエーション、アート&クラフトを立ち上げました。アート&クラフトは東欧を中心とした世界の作家達と日本の作家が親交を深め、造詣探求をする機会…