アトリエ青 Art Studio Blue

画家・アートディレクター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

情報量を減らしてみよう

昨日はアトリエに友人達が集まっての食事会でした。腹話術師ニッシャン堂と子供将棋教室などを精力的に運営されている先生にお越しいただき、シ・オ・ミ師匠に手料理を振舞って頂きました。師匠は調理師免許をお持ちどころか、調理師教育課程まで修得されて…

小さい2枚

今日は夜勤明けで、5時間ぶっ通しの水彩画教室でしたが、午前中の予約が0人。これ幸いと自分一人で大きなサイズの絵を描こうと思っていたら、ドタキャンならぬドタ申し込みで2名お越しになるということに! 有り難いのですが、絵を描く気満々の気持ちは抑…

小説とのコラボ

今日は夜勤明けでええラジオ「シオミと愉快な仲間たち」の収録でした。3月10日のコンサートの告知や、私の映画紹介コーナーなどてんこ盛りの内容、また久々に登場したニッシャン堂が大暴れして大爆笑の回となりました。 家に帰ると「小説 野生時代」3月…

仕事が出来た!

ドローイングで完敗したことをバネに水性ペンと透明水彩の共存シリーズに向かいました。フランスのカフェ・ワインバーの正面です。店内の灯りと左のレンガ造りのアパートメント、店内の客と外の客の対比でわくわくする様に! 肩の力を抜いて一枚描きました。…

嬉しそうに描こう!

前回に続いて「ふたりのベロニカ」のイレーヌ・ジャコブのドローイング。これはなかなかに酷いですね。線の全てが萎縮して、ふくよかさ、柔らかさ、優しさがないです。逆にあどけなさ、脆弱さ、はあるのですが、それは弱いだけであり、絵としては完全に没で…

ドはドローイングのド

ドレミの歌は「ドはドーナツのド」ですが、やはり画家にとっては「ドといえばドローイングでしょ」 水彩画教室では、人物描写が難しいという声が頻繁に上がります。これは正解です。人物ほど複雑で造形的にも描写が難しいものはありません。着彩の前にクロッ…

闇へ沈潜したい

今日の水彩画教室は、たまたま予約者が少なくてずっとマンツーマンになりました。これ幸いと脇で一枚描き上げました。透明水彩によりフランスの撮影監督アンリ・ドカへのリスペクトをしてみました。アンリ・ドカは曇天の名手でした。街や海・空はブルー調の…

うつ病あって今がある

アルバムを眺めていたらバカな写真を発見しました。2013年9月に私は当時根室で暮らしていた学生時代からの一番の親友を訪ね、ひとり旅をしたのです。これは北海道の根室港でのひとコマです。実は、うつ病から自殺未遂をはかった直後でした。しかし、こ…

失敗は財産

今日は水彩画教室で8名の方と接しました。ただ絵を描く、その事になぜ夢中になれるのか? いい絵と出会う楽しみ、第一鑑賞者になるわくわく。そんな感じは皆さんあると思います。かくいう私も自身の最高のファンであり、最大の批評家でありたいと常々思って…

お焦げ画

水性ペンと水彩画の共存をシリーズで描いていますが、今日は水性ペンによるドローイングのままのところと、水のみを使って筆で触った箇所で成立させてみました。こげ茶の水性ペンから水で引き出される色合いだけでもモノトーンとは思えない色んな調子が出ま…

一日だけの個展2019

2019年3月10日のジャズ・ボサノヴァコンサート会場 奏美ホールで一日だけの個展をします。友人でもある田井泰弘さんと今井祐岐さん、そしてマジシャン シ・オ・ミ師匠とのコラボです。このフライヤーに見覚えがある読者の方もいらっしゃるかと思いま…

AIは人間以上だから芸術家になれない

今日はシ・オ・ミ師匠が出演される舞台に同行しました。なんという事のないやっつけ的な会にもかかわらず、師匠はAIが進歩する事で10年後には先ず、絵や音楽など芸術が不要になるというテレビの報道に警鐘を鳴らすアクトを考えて来たからやったる!と勢…

鼻歌

夜勤でも自宅でも必ず超怖い夢を見る私。原因はわかっているのですが、それを消すことは不可能なのでストレスがたまって大変です。今日はたまりかねて心療内科の主治医に相談しました。もうかれこれ10年お世話になっている先生なので、色んな局面で助けて…

翻弄される魅力

映画「ノック・ノック」(2016年)を先日ブルーレイで観て以来、キューバの女優アナ・デ・アルマス(Ana de Armas)に惹かれています。「ブレードランナー2049」に出ていた時は、肉体性がないレプリカントでしたので、カワイイだけの印象でした。そ…

希望の灯り

セルビアのベオグラードを拠点に私が共同代表として運営している、セルビアと日本の美術工芸作家協会アート&クラフト。本当に支えてくれるファンはリピーターになってランプを大事にしてくれます。今日はベオグラード在住のお客様のFacebook投稿でランプ工房…

省略話法

今年に入ってから殆ど絵を描かずに、2日に一本くらいのペースで映画を観て暮らして来ました。映画ソフトを12本程買ったので、これからも見続けますが、そろそろ絵も始めようかなという気分になってきました。映画はやはり観ればみるほど、時間の扱いが面…

散髪とイチゴ

日曜日はシ・オ・ミ 師匠プレゼンツ福ちゃんダルマコンサート、月曜日は朝から敬老会のマジックショーに同行させて頂きました。ダルマコンサートでは石田ヤスナリユニットとして出演もさせて頂き、3曲唄わせて頂きました。もちろん私は歌手でも何でもないで…

落描き

今日は午前の水彩画教室でサプライズがありました。唯一の小学生の受講生Aちゃんが、3ヶ月ぶりくらいにひょっこり来てくれたのです。私は突然来てくれなくなって寂しい気持ちでした。今思えば喪失感までありましたが、元気そうな笑顔で会えたので嬉しくな…

冬眠中の一枚

今日は、シ・オ・ミ 師匠のたってのご依頼で、伝説のドラマー ロイ・ヘインズ氏の肖像画を描きました。ドラマーでもある師匠は20日のコンサートでシンバル一枚だけの演奏をされます。それはこの世界で圧倒的な存在であるロイ・ヘインズ氏をリスペクトした…

絵と直結しないけど有益な情報

正月以来絵を描かなくなって2週間が経とうとしています。教室の講師としてレクチャーではドンドコ描きますが、作品という意味では全く描いていません。やはり相変わらず一人で映画を観たり、アーティスト仲間との時間を大切に過ごしています。このオフ感な…

2018年のベスト10

昨年作画総数180点の中から自選ベスト10を公開します。いつも思うのですが、自分で描いた割に描いた記憶そのものが薄くなったものに魅力を感じます。気負わずに描いた場合おおよそそうなります。何度見ても魅力を何処かに感じるものが、私にとっての佳…

プロとアマチュアの共存

絵を描かなくなって一週間です。凄く長く感じますが、気にせずに毎日映画を観ています。一方で昨日は、水彩画教室受講生のSさんが、徹夜で作ったという作品を持って来てくださって盛り上がりました。Sさんは私と同じく原理で作品を作られる貴重な存在です…

悦楽を通じて学ぶ

もう5日間も絵を描いていません。昨年末から今までになく、私の絵を購入希望される方が絶えません。私は需要に配慮した売り絵を描かない主義ですが、そんな絵を欲しがる方々にめぐり合う頻度が高まっている事に戸惑いを感じます。それで描けなくなっていま…

教室PRも兼ねて一枚

水性ペンと透明水彩の共存に少しだけサンドウィッチ水彩を使用して独自の世界観を構築しました。ここはハンガリーかな!? 夕陽の空に向こう岸が霞み、川面は電球を仕込んだ様に明るく見えて欲しい。そして、家々は陶器で作ったミニチュアを寄せ集めて街を作…

新たな抱負などなし

新年を迎えてもなんの抱負もなく、今まで通り淡々と先を目指すだけだと思い2枚描きました。この絵は一回描いたモチーフですが、納得できなかったのでサイドウィッチ水彩で仕上げました。サンドウィッチ水彩って何?と思われた読者の方は、下記リンクでご確…

迷走作品

昨日何故か自由奔放に描きたい様に絵が掛けると思い込んでしまいました。これは自信ではなく奢りです。その状態が続いたまま今日2枚を描きましたが、案の定下らない作品になりました。 1枚目はスペインの修道院か何かですが、山の稜線が童話の様に丸っとな…

今日の2枚

子供との交感はやっぱり凄くエネルギーをもらえます。ワークショップを終えて自立援助ホームの夜勤で2枚描きました。というか描けました☺️ 一枚目はあえてドローイングのみであっさりと仕上げてみました。空間認識が下手で地面が圧迫されてしまったのは駄目…

子供とのコラボ

今日は前衛的な抽象画に挑みました! この中に過去や未来が見えたりしますね。 実はこれ、Nちゃんとのマンツーマンワークショップで一緒に作ったものです。一緒にというか、Nちゃんがコロコロで塗りたくった数枚の画用紙を私がコラージュしています。 Nち…

価値観の落差

今年最後の教室の日。爆笑ネタを話しながら受講生さんとまったり。でも抜け目なく一枚描きました。皆さんの知らない間に絵が出来上がっていて、手品の様に思われたみたいです。この場所はベオグラードのバスターミナルですが、それらしい気配は皆無の印象が…

密かな愉しみ

水性ペンと透明水彩の共存の実験をずっと続けています。今日は絵の具の色の印象を出来るだけなくし、水性ペンのインクから水で滲み出す顔料の面白さを引き出そうと画策しました。使ったペンは焦茶のみで、透明水彩は5色くらい使っています。焦茶のペンから…