アトリエ青 Art Studio Blue

画家・イラストレーター 石田泰也の日々の活動風景をお届けしています

描きたい様に描けた

 

昨日は町屋を全面改装して宿泊施設としてOPENされる宿に数点の絵を納品しました。

 

f:id:IshidayasunariART:20170417080430j:image

 

f:id:IshidayasunariART:20170417080437j:image

 

日本庭園や坪庭からの自然光が眩しい空間に目立たず馴染む様に。。。

 

f:id:IshidayasunariART:20170417080647j:image

 

 f:id:IshidayasunariART:20170417080655j:image

 

昭和レトロの洋館の様な部屋にはランプで浮かび上がる様に配置。

 

f:id:IshidayasunariART:20170417080818j:image

 

当時物の貴重なガラス窓の意匠に見惚れます。

他にも近江八景にちなんだモチーフが4点あるので、またOPEN頃にアップします!

 

 

納品を終えて、スロベニア Bled castle を描きました。

 

f:id:IshidayasunariART:20170417081908j:image

 

切り立つ崖の上にそびえる城。

この絵ではその事が伝わりませんが、限られた敷地に密集して建つ為に、溶け合ってくっ付いた感じにこだわりました。

 

建物のおしくらまんじゅうですね😁

白の魅力に欠け、、、

 

昨日と反対に、小さいサイズで描いたこのモチーフを大きいサイズで描きました。

 

f:id:IshidayasunariART:20170414000709j:image

小さいのは、習作として流れるように手を動かせたのに対し、

 

今日描いたこちらの大きいのは、肩に力が入っているのが明らか。

f:id:IshidayasunariART:20170414000814j:image

 

前作に比べて息が詰まる嫌な絵になりました。

紙残しによる白の部分を色が浸食し過ぎたのが大きな要因ですが、他を見てもゴチャゴチャしていて、自分で好きなところがありません。

 

良い絵にしようという作為が出た瞬間、この有り様です。

 

画家である私のファンだと公言して下さる方が数人いますが、実は最大のファンは私自身です。

単に自画自賛というのはなく、自分が良いと納得出来ればそれで良いし、駄目だと思ったら他人に褒めて頂いても駄目。

 

褒めるところは褒めて、否定する時は否定する。それがファンの役目。

そういう決断を自ら下し、成長の糧にするのが非常に大事だと思います。

 

f:id:IshidayasunariART:20170414181512j:image

 

途中までは期待していましたが、この後、どんどん悪くなってしまいました。

それは何故か?   ゆったり考えています。